人間にもイルカやコウモリの特殊な才能がある!

全盲でも音を頼りに普通の人のように自転車にも乗れる人がいるそうです。先天的な目の病気で2歳の時に両目を失って現在47歳の男性ですが、コウモリやイルカ、鯨が使う反響定位をつかって活動できるそうです。

舌打ちしながら動いていると、半径数十メートルの三次元イメージを組み立てられるそうです。近い距離なら直径わずか2cmの細い柱も感知できて、車や茂みなら5メートル先、建物なら50メートル先で分かるそうです。

その人は、ワールド・アクセス・フォー・ザ・ブラインドという視覚障害者の支援団体を作り、既に世界30カ国、1.000人近くの盲人たちにそれを教え、その中の多くの人たちには、その成果がすぐに現れることに驚き、想像もできなかった自由を手に入れているそうです。

”明かりをまだ取り扱えなかった遠い昔の人間は、この力を駆使していたのではないか?人間にはそういった神経系のハードウェアーが昔から備わっていて、私はその起動方法をみつけただけ。” と彼は言っているそうです。

自転車に乗る時には、毎秒2回という歩く時よりもかなり多めに舌打ち音が必要だそうです。でも歩く時は、足元の段差などは分かりにくいので、盲人用の白い杖を使います。

出典: ナショナルジオグラフィック 7月号

EK

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

タグ:
カテゴリー: その他, 時事
人間にもイルカやコウモリの特殊な才能がある!」への2件のコメント
  1. […] 中に入るとすぐに、超音波を使う大きなクジラ(人間も使える)の骨が展示してあります。ペンギンから始まってかなりの種類の魚を見学することができます。中には既に絶滅した魚までいます。 […]

  2. […] 中に入るとすぐに、超音波を使う大きなクジラ(人間も使える)の骨が展示してあります。ペンギンから始まってかなりの種類の魚を見学することができます。中には既に絶滅した魚までいます。 […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。