たぐいまれなる国民、日本人

今からわずか150年ほど前までは、多くの男がハゲ頭のような上に束ねた髪の毛をちょこんと乗せた、奇妙さたぐいまれなるヘアースタイル(*) をして、それまで200年以上も鎖国をしていた国が、大国の中国やロシアと戦争をして勝ってしまったのでしょうか。

普通に考えれば、他国と比べて遅れをとるだけの鎖国中でさえ、あのゴッホが画商である弟に宛てた手紙に、”全ての自分の作品は、多かれ少なかれ日本の画(浮世絵)にもとずいている” と言わしめる美術が生み出されたり、微分積分学をニュートンやライプニッツよりも早く、そしてベルヌーイ数をベルヌーイよりも早く発見していたと言われる関孝和という偉大な数学者や、サテライトを使った最新の地図とほとんどかわりのない日本地図を既にあの当時に完成させていた伊能忠敬など、何人もの才人を生み出す文化が作り上げられたとはいえ、西洋と比べれば何も無かったに等しい日本がわずかな時を経て大国の中国やロシアに戦争で勝ってしまうというのはちょっと信じられないことです。それは勿論その当時、世界中で驚かれました。

* なぜあの当時に日本人男性がちょんまげなどという奇異なヘアースタイルをしていたのかはいまだに謎だそうです。

現在の天皇が第125代目。これだけ同一のファミリーで皇室(あるいは王室)が長く続いている国は世界広しといえ日本以外にはありません。満州や第二次世界大戦こそやり過ぎ(?) だったのかもしれませんが、日露戦争のように白人の国と戦争をして勝ってしまったり、あのアメリカと戦争をしてしまった国はアジアでは日本を除いて他にはないのです。

それだけに敗れた後の罰は、東京裁判などで一方的な罪滅ぼしをさせられたり、日本語がアルファベットに置き換えられてしまう危機を迎えたり、その後アメリカでもマクガバンレポートによって大変優れていることが判明した日本食が否定されて、アメリカで余っていたパン(小麦)と、身体に合わなくて消化もできない牛乳が普及させられる羽目にはなりましたが、あのマッカーサーさえも、日本のようにこれだけ資源のない国が資源を輸入できなくなれば誰でも戦争を始めると言ったらしいですからしょうがなかったのかもしれません。

いまさら西洋人を責めるわけではありませんが、あの当時は西洋の列強が東洋の弱々しい国々を次々に植民地化してむさぼる、西洋の国々が東洋の国々を次々と征服する時代だったことは事実です。その時代において西洋人が唯一、”ん?、この国はなんか変だぞ…” と思わせるフシが日本にはありました。

日本以外の東洋の国々では西洋人がしたい放題だったのが、日本では例えば大名行列に割り込んで入ってしまった乗馬を楽しむ西洋人が、”無礼者!” とばかりに大名行列のお侍さんに切られてしまうような国でした。これには西洋人もびっくりしたようです。勿論日本もその償いの大きさには驚いたようですが…

考えてみれば日本とは、海外から取り入れて>都合よく自分に合わせて消化して>自分のものにしてしまう… のが得意な国民ではないでしょうか。漢字は元々中国で、世界三大聖人の誰もが生まれるよりもはるか前に生まれたそうです。それを取り入れて日本語に組み合わせてしまい、そこに独自のひらがなやカタカナなどを加えて大変便利な言語にしてしまいました。

日本語の単語は使いやすさのためにいとも簡単に略されてしまいます。安保、電卓、ダメ元… カタカナの外来語まで、マック、ワープロ、スマホ… しまいには両方合わせた、アメ車、アメ横、イタ飯などもあり、それらの究極は何と言っても KY などでしょうか。最初にKY を聞いたのは丁度正月過ぎだったので、”今年も宜しく” までそんな姿になってしまったのか… と当時、勘違いしてしまったものです… 笑。

日本では昔(今も?) 水と安全がタダの国と言われました。確かにお店に入ればまずは無料のお水が出てきますし、田舎に行くと鍵をする習慣がなくて都会育ちは理解に苦しみました。そんないい国からドイツに来て暮らし、どうしてドイツの生活の方がいいのでしょうか…
EK
広告

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

タグ: ,
カテゴリー: 日本、日本人について
たぐいまれなる国民、日本人」への1件のコメント
  1. Ko より:

    日本って凄いんですね…

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。