家の鍵

海外のホテルの部屋の鍵でご存知だと思いますが、ドイツの一般的なアパートのドアの鍵はオートロックになっています。つまり鍵をアパート内に置き忘れて外からドアを閉めてしまうともう中には入れません。ホテルだったらフロントに行けばそれですみますが、アパートとなると… もしロックアウトになってしまった時はどうしたらいいでしょうか…

中には器用な人もいて、鍵のシリンダーの位置をよく覚えていて、適切な道具があれば開けることも不可能ではありませんが、それは普通予期せぬことなので、その三つ(器用さ、シリンダーの位置の記憶、必要な道具)はそろっていません。その場合には鍵屋さんを呼ぶことになりますが、イエローページに大きく広告が出ている業者さんの多くが、正規の価格の何倍もの法外な費用を請求する怪しい業者さんなので注意が必要です。

人の弱みに付け込んで… とは正にこのこと。家の中に入れずに困っている、ドイツ語も分からない外国人を相手に、後で法外な請求から逃げられないようにまずはその同意にサインを求め、アッという間の作業に200ユーロ~300ユーロもの金額(時には400ユーロも)を請求。

その昔、日本では水と安全はタダだと言われていました。国土が狭くて山から海までの距離が極端に短くて汚れるヒマも無いので、中国などの川と比べれば清水の多い日本の川。そして田舎に行けば家に鍵をかける習慣さえもありませんでした。

そんな日本人が、大陸の中にあって遠い昔から戦争と略奪が繰り返されてきた土地で生活をするにはやはり注意が必要そうです。

SO

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。