髪のダメージと修復の話 1 (紫外線とドライヤー)

髪の毛はなぜ傷むのでしょうか。髪が傷む根本的な理由は、髪の毛にはコルテックスという物が存在し、このコルテックスには髪のダメージにとても関係のあるタンパク質が含まれていて、このタンパク質が流出してしまうと髪の毛が傷むというワケです。そしてもう一つ重要なのが水分です。このタンパク質と水分をいかに守るか、ということが髪のケアにおいてはとても重要になってきます。

髪が傷む原因、みなさんは何を想像しますか?カラー、パーマ、ストレートパーマ… 薬剤を使った施術を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。もちろん薬剤を使うと髪は傷みます。それ以外にもダメージ具合の大小はあるものの、たくさんの原因があります。もしかしたら知っているかもしれませんが、紫外線、ドライヤー、アイロン、服や肩などに擦れる の4つも決して見逃してはいけない原因です。

紫外線

髪の日焼けは色の退色だけでなく、水分も奪ってしまう為にパサパサになってしまいます。夏場、長時間日に当たるようならば日傘をさすか、髪の日焼け止めをつけましょう。今は何種類か髪用の日焼け止めなども売っています。またはオーガニックの物でしたら少量をトリートメントやオイルに混ぜて髪につけるのもいいでしょう。また、夏場の海に行く何日か前はカラーリングを避けたほうが懸命です。

ドライヤー

ドライヤーは乾かす物ですが、必要以上に乾かすとパサついてしまいます。これをオーバードライというのですが、正直見極めが難しいです。湿ってないな、くらいでやめると丁度いいかもしれません。この辺は自分で意識しながらやってみてください。そして、完全に乾かさないで少し湿った状態で乾かすのをやめるという人がいますが完全にダメです。なぜダメなんでしょう。

風邪をひくから?それもあります。しかし美容師がちゃんと乾かしてくださいね、と言うのは半乾きがダメージに直結するからです。髪の毛は通常水に濡れるとキューティクルが少し開きます。しかしそのままにしておくとキューティクルは開きっぱなし、中のタンパク質も流出し てしまいます。

キューティクルを閉じるにはちゃんとブローをしてあげることが重要です。
ブラシを使うようなしっかりしたブローじゃなくても構いません。手で根元から毛先に向かってとかしながら乾かすだけでも全然違います。元々の髪質もありますが、ちゃんと乾かしている人は艶がでている事が多いです。

髪のダメージの原因、アイロン、服や肩などに擦れるは2に続きます。田中靖人

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。