自然療法ホメオパシー 1

Homeo 1世界中で愛されるドイツ生まれの自然療法ホメオパシー

ホメオパシーはドイツで約200年前に生まれた自然療法です。医師のサミュエルハーネマンによって、その治療法が確立されました。現在では、ヨーロッパをはじめ世界的に認められている療法です。インドでは3大医学として、大学ではホメオパシー専門課程もあります。

イギリスでは国立ホメオパシー病院があり、自然療法を中心としたホメオパシーをとりいれた治療を受けることが出来ます。エリザベス女王の主治医が、ホメオパス《ホメオパシー専門医》であることは周知の事実です。各国の多くの王室でもホメオパシーは愛されてきました。

イギリス メアリー女王、国王ジョージ5世、エリザベス2世 などなど

フランス ナポレオン ボナパルト、ユージニー妃、ナポレオン3世など

ドイツ  国王ゲオルグ5世、アレクサンドリーネ・マリー など

イタリア フランシス・コラーなど

スペイン 女王イザベル2世、王子ドン・セバスティアン・ガブリエル、などなど…

他にも著名人の名前を挙げていくときりがないほどです。

作家: ヨーロッパ ゲーテ、ドフトエスキー、コナン・ドイル、ディケンズ、トーマス・マン、など

音楽家: ベートーヴェン、パガニーニ、ショパン、シューマン、ワーグナー、などなど

芸術家、ファッション界: ゴッホ、ゴーギャン、ガウディ、ラガーフェルド ヴィダル・サスーンなど

現代の音楽家: ポール・マッカートニー、ティナ・ターナー、ショージ・ハリソン、などなど 

スポーツ選手: ロンドン5輪オリンピックで華々しい活躍をしたボリスベッカー氏、ベッカム、ジャン・マーセル・フェレ など。

平和運動家・政治家ウイリアム、スアード、エイブラハム・リンカーン、ジョン・タイラー、マハトマ・ガンジー、トニー・ブレア、ビル・クリントンなどなど

ホメオパシーを支援した企業家: カーネギー、ロックフェラー、ジョージ・ワージントン 

ハリウッド女優: マドンナ、キャサリンゼタ ジョーンズ、マレーナ・ディートリッヒ、ジョン・ウェイン、など

参考文献: 世界の一流有名人がホメオパシーを選ぶ理由 ディナ・アルマン著

全て書いていくと、きりがないのでごく一部のみご紹介しました。スイス、ドイツなどでは保険でもホメオパシーの治療などがカバーされています。ドイツではホームドクターのお医者さんが処方することもありますし、出産のさいに、ドイツの助産師さんたちが授乳用に。。。とか、赤ちゃんの夜鳴き防止。。。とか様々なシーンを想定して何種類かのホメオパシーのレメディを処方して、お母さんに手渡すことも一般的なんですよ♪。もちろんドイツの薬局でも気軽に手に入れることが出来ます。

ホメオパシーの考え方はいたってシンプルです…

「同じようなものが、同じようなものを治す」

この考えが根幹になっており、すでにギリシア時代の医学の祖ヒポクラテスが唱えていたのです。この考えは、実は日本人にはとても馴染み深いものってご存知ですか?たとえれば、喉がひりひりと痛いときに、ひりひりする生姜湯を飲んで喉の痛みをとることや、発熱しているときに、たくさんの布団をかぶせ、玉子酒などをのんで、さらに熱をあげて、最終的には熱をさますこと。

これらは日本の民間療法でも行われてきました。これはつまり、今、ある症状を自己治癒力によって治すことなのです。ドイツで実際に、ホメオパシーを家庭にとりいれている人や療法家をみてみると

「体に負担のかかる薬をなるべく使いたくない」

「自然で自分の力で健康になれる」

「家庭で気軽につかえる」 と考えておられます。

ホメオパシーでは、「レメディ」という砂糖玉を使います。このレメディはドイツでは、どの薬局でも気軽に手にいれることができるものです。 《置いてない場合は、注文すれば取り寄せてくれますよ♪》

 ちなみに入っている保険によっては、一般的なレメディの代金を『健康維持』のために保険でカバーしてくれる場合があるので、保険会社に問い合わせてみてくださいね!

ホメオパシーはひとりひとりの症状をみて、レメディと呼ばれる砂糖球を一般的に使います。レメディーは、不思議な方法で作られているのです。簡単にいうと… 元の物質がなくなるまで薄めて振って作られます。まず原液(抽出液)を作って、その1滴のエキスを、99滴の水の中におとします(希釈)。それ を振って叩いて(振盪)この100分の1の状態を 1Cといいます。またその1滴を99滴の水の中に落とします。

12Cは、12回同じことを繰り返した状態です。この時点で、物質は全くのこっていません。それを、砂糖粒にたらしたものがレメディなのです。12Cは主に肉体に。その後、ポーテンシーがあがるにつれて、精神的、心、に働きかけるといわれています。

「では、どうして?物質が無いのに、治療に使われたりするの?」   「それで自己治癒力が働くの?」

という疑問がでてきます。科学では『まだ』解明されていませんが日本的にいうと『気』だけが、取り出される。その物質のもつ「中核」エッセンスだけが、のこされる。。。というふうに考えられています。 

「じゃ、それってプラシーボじゃないの?」

という声もよく聞きます。その人が楽になるのなら、それでもいいのでは?とわたしは思いますが…   

事実、ホメオパシーはプラシーボではありません。200年の歴史の中では、現代医学が発展しても治せなかった疾患を持つ人とが奇跡的に治癒したりと、多くの臨床結果が世界各国で報告されています。だからこそ、世界的にホメオパシーが広がっているのです。実際にわたしはこどもたちをホメオパシーのレメディだけでケアしてきました(もちろん検査はお医者様 で…!)。

というのも自然療法は、過信しすぎないこともポイントのひとつです。「あれ?いつもと違うな・・・」 「様子がおかしい」 と、思ったら体の専門家の医師に診断してもらうことも大切です。わたしの場合は、最初は自然療法には全く興味もなく、知らなかったので、いわれるままに大量の薬をあげまくっていましたが、次男の大病をきっかけに薬ではなく、自然療法にきりかえたのです。

で、結果は…   こどもは薬なしでも、元気にすくすく育つ!! ということ。

こどものかかる病気、

・かぜひき  ・中耳炎  ・成長痛  ・軽い怪我  ・ショック   ・悲しみ  ・発熱  ・みすぼうそう  ・とびひ  ・皮膚の問題  ・夜鳴き  ・ロタウィルスなど下痢・腹痛  ・怪我の後のケア   ・口内炎… 

などなど、ほとんどホメオパシーだけで対処してきました。こどもが成長していく上で。病気にならないこどもはいないし、それは当たり前なのです。病気 になるというのは、こどもが成長している自己治癒力を自分の力でつけている証拠です。そうやって子供は強くなっていくのです!!

最近は、症状がひどい場合だけホメオパシーで、レメディもほとんどとらず、ティッシュソルトくらいしか使っていません。

ティッシュソルト

シュスラーズザルツ  医師ホメオパスのシュスラー博士が発見したホメオパシー体の主要ミネラルが過剰になったり、欠乏することで疾患がおこると考えまし た。ホメオパシー版サプリメントとして考えられます。体のミネラル吸収を自己治癒力によってうながします。こちらもドイツの薬局で購入できますよ

こどもの自己治癒力は素晴らしいということを、わたしはひとりの母として目の当たりにみてきました!!ホメオパシーは自分自身の自己治癒力、生命力を高め、 自らの力で治っていく療法なのです。人生を自分の足で生きようとする人々にとって、最高のツールです!だからこそ… ドイツ生まれの自然療法『ホメオ パシー』を知ってもらいたいです。ホメオパシーのレメディを使いこなせるレッスンを行っています。

もしご質問があれば、forestsayaka@gmail.com まで。

日本ホメオパシーセンター ホメオパス 森明華(さやか)

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

カテゴリー: 健康
自然療法ホメオパシー 1」への2件のコメント
  1. より:

    そうです。そのとおりです。同種療法といわれていて、『同じようなもの」が「同じようなもの」を治す療法です。でも薬ではなくて、いってみれば「気」なので、物質ではありません。
    このこともまた説明します~~~!コメントありがとうございました。

  2. Homeo より:

    ホメオパシーというと、今までの理解では、身体に入ってきた病気に似た薬(?)を飲んで、免疫力を上げるということだったのですが… 
    つまり、例えばちょっとした風邪なら、ちょっとしたパトロール隊(免疫)しか出動しないところに、まるでひどい風邪が身体に進入してきたと思わせて、パトロール隊も大動員するという… 間違っているでしょうか?

コメントを残す

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
home左
テキスト
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。