進化が教えてくれる健康の秘訣 2

鳥は飛ぶために手(羽)が発達している代わりに強い足腰を持っていません。よって長い距離を歩けない代わりに空を自由に飛び回れます。魚は泳ぐために色々な鰭があったり流線型や平たいかっこうをしていて、水中でも呼吸ができるようにえらがありますが陸に上がれません。モグラは土の中で穴を掘って進みやすいように手の力が強くて爪も強いと思いますが、その代わりに必要のない眼が衰えてしまっています。

元ケンブリッジ大学教授、車椅子のホーキング博士は、アメリカの大統領がまだクリントンさんだった頃、クリントンさんとそのおとりまきのVIPの面々を前にして、人間は将来環境の変化についていけなくなって、自らが研究発展させた遺伝子工学を自らの身体に使わざるを得なくなるだろうといったそうですが、それが大きな環境の変化についていけない身体を変えるためならまだ分かりますが、退化してしまう身体を何とかするため、つまり例えば運動不足を解消するためとか、肥満にならないためのようなことに使われないことを願っています。

さてそのイーストサイドストーリーという仮説は、大地溝帯ができあがった後に、東側では極端に木が少なくなくなってしまったので猿たちは地上に下りざるをえず、地上で餌を探し始めて何十万年、何百万年もかけて少しずつ人間に進化していったというものです。木と木の間を渡り歩く生活をしていた猿が地上に降りて数百万年間もえさを探す必要性から歩く動作をしたとします。そうすると今の人間のように足腰が力強く進化しても何の不思議もないと思えます。猿の場合は木の上で生活するための、木から木へ渡り歩くための力強い肩と腕の力が必要です。その反面、足腰がそれほど強い必要はありません。人間の(祖先)の場合は、広いサバンナの上で餌を探して歩き回らなければなりませんので、強力な肩と腕の代わりに、強力な足腰が必要になります。

ちなみにその人間の祖先と思われるお猿さんたちの子孫は身長もまだ低くて120cmほど、体重が50kg前後で脳のサイズは私たちの3分の1程度だったそうです。見つかっている化石による骨格から、直立二足歩行はしていたと想像できるものの、足の親指が手のように他の指から離れた位置にあって足で物をつかめたようです。つまり樹上生活に適した特徴を持っていて、陸上と樹上の両方で生活していたと考えられているそうです。そして臼歯が小さくて平らに磨耗しているので、かたいものはあまり食べていなかったと思われ、果実、木の実、キノコ、小動物などの様々なものを食べていたと考えられているそうです。

静脈弁

静脈弁というのをご存知でしょうか。人間の手足の静脈の中に数センチごとにある弁のことですが、静脈というのはご存知の通り、動脈が身体の隅々まで送った血液を今度は心臓に戻している血管です。人間の心臓の位置は他のすべての動物と比べてかなり高い位置にありますが、それは2足歩行をする人間特有のものであるといえます。心臓から動脈がつま先や手の指先に血液を送る時は重力も手伝ってくれてスムーズにいきそうですが、今度はその逆、身体の隅々までいった血液を、今度は重力に逆らって心臓に戻すのは大変なお仕事であろうことは簡単に想像することができます。

静脈弁は心臓の方向である上側に向かってのみ開きます。つまり、血液が心臓の方向に行く時には開き、下に戻ろうとしても閉じてしまって血液が心臓に戻りやすくなるという手伝いをしています。つまり、血液が手足の先の方から心臓の方向に戻る時は、心臓のポンプの力だけに頼っているわけではなく、静脈のまわりの筋肉が動いた時などにも血管が押されて静脈弁を開き、血液を心臓の方向に送っているのです。ふくらはぎが第2の心臓といわれるのは、その静脈弁の存在があるからこそではないでしょうか。それにしても身体というのはよくできていて、動脈はそれぞれ身体の内側に隠れていて、身体の表面に見えているのは普通静脈です。もし動脈が体の表面にあったら、怪我をした時にすぐに出血多量となってしまいます。

血液が静脈によってつま先から心臓まで戻される作業が大変なのは重力があるからですが、重力は普段私たちの日常の生活ではほとんど忘れられてしまっています。そして極度に疲れた時や、重い病気にかかった時、腹筋や逆立ちをした時、あるいはどこか高いところから落ちてしまった時に思い出します。いえ、実際にはそういう時にでも重力の存在は忘れられてしまっているのではないでしょうか。重力とは、人間が2階から落ちれば普通怪我をする、さらには高いビルの上の方から落ちれば命を落としてしまうほどの強力な力です。疲れた時や重病の時、立っているのと座るのとを比べて座る方がはるかに楽なことに気がつきます。さらには寝る方が、座ることよりさらに楽であることに気がつきます。 EK8

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

タグ: ,
カテゴリー: 健康

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。