シャンプーと洗髪

みなさんは考えたことありますか?シャンプーってなんだろうって。良い匂いにするため?汚れ取るため?習慣だから?考えると奥が深いんです、コレ。シャンプーってなんだろう… 美容師になったばかりの頃、毎日毎日シャンプーして思ってました。シャンプーってなんだろう… いろいろ講習会に参加したり、調べたりしているうちに一つの考えが浮かびました。

シャンプーの意味とは過剰な皮脂や汚れを取り除く事であって、頭皮から完全に皮脂を取り除く事ではない!なぜかと言いますと、皮脂を取りすぎてしまうと頭皮が乾燥します。するとその乾燥した頭皮を補おうと体がサインを出します。その結果、皮脂が過剰分泌し逆に不衛生になりやすくなります。だからシャンプーは優しく。

皮脂が増えるとダメなの?

頭皮にある通常量の皮脂でしたら全く問題ありません。むしろないと困ります。皮脂はキューティクルを守り、水分を蒸発しないようにする役目があります。水分が蒸発してしまうと髪の艶がでないのでご注意を。お金はあっても困りません、でも皮脂はありすぎるとちょっと困ります。過酸化脂質とい、脂が酸化してしまいとても不衛生な状態になります。そして毛穴がつまりやすくなります。いくら毎日シャンプーをしようがトリートメントをしようが毛穴が詰まっては意味ありません。健康な髪は毛根からです。

良いシャンプーと悪いシャンプー

良いシャンプーと悪いシャンプーの違いがよくわからない。よくそんな質問をされます。良いシャンプーとは頭皮に必要な皮脂を取りすぎないというのが第一です。この刺激の弱いシャンプーをベタイン系シャンプーと言います。そして次に匂いや仕上がり感を重視すれば良いかと思います。逆に悪いシャンプーは洗浄力が強すぎて必要な皮脂まで奪ってしまいます。この刺激の高いシャンプーを高級系シャンプーと言います。物によっては食器用洗剤並みの洗浄力の強さのシャンプーもあります。しかしそのようなシャンプーはコーティング剤によってカバーされています。泡立ちやすいというのはこれらの特徴の一つです。

皮脂が無くなる事によって、頭皮は皮脂を補おうとして過剰に分泌し、
頭皮はベタベタします。
そして必要以上に分泌された脂質は酸化し、毛根に詰まってしまいます。そうなってしまうと健康な髪の毛は生えない、育たないという悪循環を引き起こします。肌が弱かったり乾燥しやすい人は特に注意が必要です。

シャンプーの見分け方

シャンプーの裏側、内容成分をチェックします(ドイツ語はちょっとわかりません。すいません; ;)。内容成分の初めの3つが特に多く含まれている成分です。当然一番目に記載されてるのは水です。そして次にラウレス酸~ ラウリル酸~ と書いてあった場合は刺激の強い高級系シャンプーです。これらのシャンプーは主にスーパーやドラッグストアで売っています。では逆に刺激の弱い、ベタイン系シャンプーには何と書いてあるのでしょうか。ココアンホ ココイル ラウロイルと2番目3番目に記載されている場合、それはベタイン系シャンプーだと判断する事ができます。ね、簡単でしょ☆

オーガニックシャンプー

よく聞くオーガニックシャンプー、ビオシャンプー。これらのシャンプーの特徴は肌に優しく、安全性が高いという事です。残念ながら日本ではオーガニックの明確な基準がありません。ですから自分で調べて選ぶしかないのが現状です。しかしヨーロッパはオーガニック先進国!その中でもドイツは特にオーガニックに力を入れており、しっかりとした基準が存在します。

オーガニックやビオと書かれている商品はまず信頼して大丈夫と言えるでしょう。オーガニックシャンプーの利点は上に書いてある通りですが、ベタイン系シャンプーと違うのは仕上がりの問題です。人によってはギシギシした質感になったり、バサバサすることもあります。カラーやパーマを頻繁にする方は仕上がりの点から特に注意が必要となります。刺激も強くなく、安全性の高いシャンプーですが、使い手を選ぶシャンプーだと言えます。

美容室で使っているシャンプーは何が違うの?

美容室で使用しているシャンプーはオーガニックを除いてほとんどがベタイン系シャンプーです。美容師の言葉で言うと両性系シャンプーです。これらは刺激が弱いだけでなく、タンパク質も豊富に含まれています。汚れを取り除くと同時にタンパク質を髪の毛や頭皮に補給して、健やかにしてくれます。

カラーやパーマ等されたお客様にはタンパク質を補給するだけでなく、アルカリ剤を除去し家でもケアがしやすいように施します。美容室のシャンプーは確かに他の市販のシャンプーよりも値段は高くなります。しかし総合的に見るとやはり優れていると言えます。ゴシゴシと何も考えないで洗う。それでも問題ありません。だけどもう一歩踏み込んで考えましょう。

髪に優しい洗い方

植物に水をやる時は葉っぱに与えますか?根元に与えますか?大抵の人は根元に水を与えます。何故でしょうか。根元が栄養を葉っぱに送り、育てる。いわば心臓みたいな物。人も同じです。頭皮が髪に栄養を送り、髪の毛は育ちます。見落としがちですが頭皮は綺麗な髪と密接な関係にあります。ゴシゴシと洗い、引っ掻いて洗うよりも優しく揉むように洗うほうが頭皮へのダメージは当然少ないです。特に男性は髪が短いのでゴシゴシと洗いがちですが、男性にこそ気をつけて頂きたいです。シャンプーを手に出したらまず両手でのばし、髪の毛全体にまんべんなく付けて泡立たせます。泡立たせたらその泡を掴むように指の腹で頭を揉むように洗います。洗うというよりはマッサージを意識するとやりやすいと思います。

      まとめ

1. 完全に皮脂は取りきらない!
2. 洗浄力は強いものよりも弱いものを!
3. ラウレス酸 ラウリル酸 等と裏面に書いてあったら要注意!
4. ココアンホ ココイル ラウロイル が裏面に 書いてあったら良いシャンプー!

5. 人によってはオーガニックが合う人もいる!自分の体と相談!
6. とにかく優しくシャンプーすること!

田中靖人

広告

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

タグ:
カテゴリー: ドイツと日本の違い, ドイツの暮らし, 理美容
シャンプーと洗髪」への5件のコメント
  1. レモン より:

    せっかくいい情報を提供してくれようとしているなら、「ドイツ語はちょっと分かりません、すいません」で終わらせずに、ドイツで働く美容師さんならば、ビオなら間違いなしとか曖昧なことを書かずに、きちんとドイツ語で単語の名前くらいは調べてください。ちなみに、ビオに関しては色々なスキャンダルが起きているので、ビオと書いているから何でも安心とは思ってはいけないかも。

    • 田中 より:

      レモン様、はじめまして。ブログを読んで頂いてありがとうございます。
      ブログの記事ですが、ドイツ語だからという理由で避けていたのは否定できません。
      やはりドイツで働いている美容師として、皆様に有益な情報を提供できる様に更に情報を集めたいと思います。
      すぐに更新ということはできないと思いますが、より良いサイトにできるようがんばりますので温かい目で見守って頂けたら光栄です。
      貴重なご意見をありがとうございました。

      私は現在ドイツ語が苦手で困っていますが、ドイツ語学校に通って習っています。よりまして今後少しづつは良くなっていくと思いますが、それまではどうか宜しく応援のほどお願いいたします…

      田中

  2. Hana より:

    お湯だけで本当に汗がきれいすっかり落ちるかどうかには疑問が残りますが、シャンプーを使う頻度を減らすと確かに脱毛が減って髪がフサフサになってボリューム感も出て、髪が短くても立たなくなります。なぜお湯だけで汗がきれいに落ちるかどうか疑問が残る理由ですが、私の場合は特異体質のようで、汗がおしっこのように(?)アンモニア臭いがするのですが、例えばおしっこはお湯だけできれいに落ちません。私のアンモニア臭は幸いおしっこのアンモニアとは違い、乾燥すると匂いが消えてしまいますが、おしっこの匂いは乾燥しても消えません。人間の身体の中の水分には色々な成分があり、例えばおしっこのアンモニアのような成分が汗となって出てしまう場合はお湯だけで取れないと思うのです。実際にお湯だけでの洗髪だと、何日かたつと頭(髪?)が臭くなってきます。

  3. Akiko Ito より:

    良いシャンプーとは「合成界面活性剤」を使ってないものです。それはつまり、嫌でも自動的にビオ・シャンプーってことになるんですよね。合成洗剤は怖いですよ。発ガン性が高いのは言うまでもなし。つまり頭皮を通って毒性が内臓にたまっていく。環境も汚染する。わたしの夫は市販のシャンプー(つまり合成海面活性剤入り)のをずっと使っていたのだけど、止めさせて、ビオ・シャンプーを使わせたら、禿げそうになっていたのがふさふさになりましたよ!よく、禿げを気にする人をターゲットにして抜け毛を防ぐ商品があるけど、これはナンセンス。毛が抜けるのは止めることはできません。重要なのは、抜けた分の毛だけ、新しい毛が生えてくること。合成シャンプーを使ってると、毛頭が死んでいきます。それではげになるのですよね。

  4. Oba より:

    髪を扱うプロでもずいぶん勉強されている方ですね…
    ”シャンプー後のいい匂いが、髪を洗った証拠になってしまってはいませんか?実際にはシャンプーで洗い過ぎてしまい、頭皮を痛めてはいませんか?” といっている皮膚の専門医がいます。汗だけならお湯だけで十分に落ちるそうです。世の中おかしな常識がいくつもありますが、洗髪や身体洗いも、いい匂いがする=きれいになった… は勘違いかもしれません。実際にシャンプ-をすると10本~20本もの抜け毛があるのに、お湯だけで洗うとわずか数本しか抜けません。しかも髪の毛がしなやかになります。でもシャンプーをぜんぜん使わないと、やはり数日後には臭くなってくるので、2日~3日に一回だけシャンプーを使って洗っています。その皮膚の専門医とは、夏井睦という人で、ご自身のサイトで色々と興味深いことを書いています。 http://www.wound-treatment.jp/next/wound377.htm

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。