ドイツ人と日本人 1

掲示板、ドイツ生活Q&Aの方で、”騒音にうるさい(騒音が好きな)ドイツ人” というテーマ(http://netdedus2.bbs.fc2.com//) が話題に出ています。日本人がドイツに住む場合によく発生する代表的な問題の1つです。ドイツでは小学生の時から自己主張することを教えられることは二つ前のブログ、”ドイツ人スタッフの採用” にも明記されていますが、日本と違ってテストの点数だけでは良い成績が取れず、手を上げて発表(自己主張) しなければなりません。

この点がドイツ人と日本人の違いを作っている大きな原因のひとつであると思うのですが、そこで興味深いのは、あまり勉強のできない子もよく手を上げて発表し、もしその答えがおかしくても誰も馬鹿にしないような雰囲気が出来上がっているそうです。やはり日本のように、”暗黙の了解” や、”謙遜は美徳” が通用しません。何か心に思ったことがあれば、表情だけで表そうとはせずに、言葉に出さないと駄目なようです。

日本には、会うと必ず、”Wie geht’s/How are you..?”  と、聞くような習慣がありませんが、”そんなの相手の顔や様子を見れば分かるじゃないか!” はドイツでも通用せず、いちいち聞かなくては無愛想と思われてしまいそうです。でも、”I love you.” と言い続けないで定年退職と同時に奥さんから三行半をつきつけられるよりは言い続けた方がいいのかもしれません(笑)。

入居したアパートで、夜遅くや日曜日にも洗濯機や掃除機をかけても文句を言われないほどうるさく生活できる場合もあれば、借りてきた猫のようにひっそりと暮らさなければならない場合もあります。日本人にしてみると、ドイツでの生活はどちらかというと後者のケースが強いられる場合が多いようですが、掲示板のお年寄りも、もし耳が遠かったら、建物のレイアウトが違っていたら… 全く別のお話になっていたと思います。

でも相手を変えることはできません。主張するところは(日本人にしてみれば勇気を出して)当然のごとく主張して、それでもやはり基本的には郷に入れば郷に従って静かにしている方がいいと思います。以前掲示板で、”チップ” のテーマで興味深いものがありました。こちらの和食レストランでチップが必要かどうかでしたが、やはり必要なのではないでしょうか。

そういえばその昔、ある日本人学生がドイツで車にはねられて亡くなってしまったそうです。ドイツ人ドライバーの方が悪かったにもかかわらず、日本人学生のせいになってしまったそうです。はねられた直後にその日本人学生が虫の息で、”お世話になりました。” のような意味で謝る表現をしてしまったそうです。それを目撃され、事故の責任はその日本人学生の方にあるということになり、ドライバーは無罪になったというお話です。

文化の違い、教育の違い、習慣の違い… 時には大問題にも発展しそうです… KO

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

タグ: , ,
カテゴリー: ドイツと日本の違い

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。