健康

何を食べたら健康になれるのでしょうか?

答えは意外と簡単なようです。人間が食べるべきものを食べればいいのです。どこでどのように知ったのかを残念ながらもう忘れてしまい、そんな大事なことを忘れてしまう自分の記憶力の悪さに呆れ返っていますが、キャベツが胃腸に大変に良い食べ物であり、それを規則的に食べていると胃腸がとても健康になるということを何かで知りました。

実験好きである私としては、そこですぐに実験開始です(4年前)。毎日昼食にキャベツを食べ始めることにしたのです。大きいものなら1/8~1/4位、小さいものなら1/3~半分位食べ続けたのですが、その結果驚くべき効果が現れました。まずは一週間もかからないうちに下痢が治ってしまったのです。多くの本には、キャベツなどの野菜の繊維は便秘を解消すると書いてありますが、私の場合は便秘とは反対の下痢の解消となりました。

祖父、そして父親も非常に胃腸が弱かったのを覚えていますが、その遺伝もあってか子供の頃から胃腸が弱いのは自分でも知っていました。牛乳やコーヒーを飲むとすぐに下痢をしてしまいました。下痢に暑さが関係するのかどうかは分かりませんが、夏などは普通に食事をしているだけで下痢です。それにもかかわらずに30代の頃からは毎晩晩酌をしていたのでほぼ毎日酷い下痢だったのですが、それが僅か数日で普通の人のそれになってしまったのです… EK8

広告

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

タグ: ,
カテゴリー: 健康

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。