自分探しの旅? 何ですか、それって?

ドイツのある日本食レストランでは、ワーキングホリデー(31歳まで)でドイツに来る女性しかアルバイトに雇わないそうです。

男女差別…

なので、そのレストランの名前は言えません。😅

ドイツでは、求人募集〜採用の時に性別を選べません。(日本も?)

募集の際に、男女のどちらを希望かは明記出来ないのです。

男女どちらかを最初から選んではいけないのです。

よって、もし(内緒で)女性を希望していたら、男性を断る理由にひとひねりが必要です。

面接希望者に、性別で断ることが出来ないからです。

でもなぜ日本の若い男はダメなのか…

ワーキングホリデーでドイツに来る男性の多くは頼りにならないそうです。

「自分探しの旅に出て来た」など、ワケのわからないことを言っているそうです。

そして仕事の面で頼りにならないそうです。

「自分探しの旅に出る」という表現に対して…

自分を探しにどこかに行っても、どこにもいないよ。

自分は自分の中にある(いる)んだよ。

と言います。

正にその通りだとも思うのですが、単に表現方法の違いかも知れません。

それに対して女性の方は

「一年間のワーキングホリデーであちこちを旅行したい。そのためには資金も必要なので、アルバイトをしたい」

と言って、しっかりと仕事もするそうです。

「自分探しの旅」と、意味はほぼ同じでも、もっとキチンと受け止められる表現があります。

例えば、「見聞を広めに来た」です。

「自分の人間の幅を広げるために、見聞を広めにドイツを見に来た」

と言えば、レストランのシェフも気に入って雇ってくれるのではないでしょうか?

ではこの2つの表現はどう違うのでしょうか?

「自分探しの旅」は、本人がしっかりとしておらず、フワフワしている印象を与えてしまいます。

「仕事が出来るヤツ」という印象には程遠いです。

それに比べて「見聞を広めに…」の方は、「出来そうなヤツ」という印象をかもし出しています。

単なるレトリックかも知れませんが、そこには大きな違いがあります。

そしてその人がどちらを言うかで、その人の人間性も見えてしまう気がします。

タグ: ,
カテゴリー: ドイツの暮らし, ビジネス, 日本、日本人について

江戸時代の鎖国の理由

など、普通は知らないですね。

教科書にも出ていないと思うので。

日本ファン日本人の私は、日本のことを色々と調べているうちにその事に気がつきました。

ですが、今インターネットで調べると、それが普通に出ています。

世の中は本当に変わりました。

新聞(社)の命運は、もうあと10年もないと予想されています。

いまだに新聞を読んでいるお年寄りが皆さん次々とお別れになるにつれて、新聞が全く売れない世の中になるようです。

当時は、東南アジア各国は西洋人に侵略されて植民地として支配されていました。

今から考えると、信じられない、とんでもないお話しです。

人権もなにもあったもんではありません。

かなりひどいことをされたそうです。

ひどいことをされた上に土地も資源も奪われて…

白人は当時(一部では今も?)、有色人種を同じ人間とは思っていなかったフシがあります。

当時の日本は戦国時代。

一説によると、世界最強だったそうです。

でなければ鎖国もできません。

例えば東南アジアのどこかの国が鎖国をしても、西洋人から簡単に破られて支配されてしまいます。

日本はそれを許さない強い国だったのです。

タグ: ,
カテゴリー: ドイツの暮らし, 日本、日本人について

フォアグラ寿司

というのをご存知でしょうか?

ドイツで最も日本人及びに寿司ファンドイツ人が多い、このデュッセルドルフの和食レストランでも、それがあるのは「やばせ」だけです。

勿論高価ですが、そのお味は…

ほっぺたが落ちそうなくらい美味しいとは正にこのことです。

和牛に匹敵します。

タグ: ,
カテゴリー: ドイツの暮らし, 食事, 日本、日本人について

和牛って、本当に美味しいの?

ドイツで和牛を売っています。

普段売っている岐阜の飛騨牛、飛米牛に続き、先日は茨城の常陸牛のサンプルが届きました。

その値段は、ドイツで一般的な牛肉と比べて最低でも4倍以上。

普通に売るのは不可能です。

お金持ちが集まる地区の肉屋さんで、投資のつもりで散々試してみましたが、さっぱりダメでした。

それでも買ってもらえる先があります。

ミシュランの星付き高級レストランです。

1人の食事代が2万円以上、お酒を飲めば、さらにそれ以上。

客単価がそれだけ高いレストランでは買ってもらえます。

ちなみに、星付きレストランの(多くの場合はオーナー)シェフは、美味しい食材、変わった物、珍しいものにはチャレンジ精神旺盛です。

お金に糸目を付けない人の食に対する欲求を満たしたいからです。

そこで和牛は格好の材料です。

売っている以上、その味を知らなければ詐欺になるので、しょっちゅう自分でも味見をしています。😅

それ以外にも、切りさばいた時に売れない部分が毎回出ます。

切り落としとかなら安くしてまだ売れます。

それ以下の部分です。

ほとんど脂とかスジです。

元々貧乏性ですが、勿体無いので捨てずに皆んなで分けて持ちかえり、処分します(食べます)。

そこで最近気がついたのですが、和牛(霜降り牛)の美味しさって、そのほとんどが脂であることです。

食べ過ぎる?と、翌朝は胃がもたれて気持ちが悪くなります。

その美味しさは勿論脂だけではなくて、独特な和牛の旨味というものがあります。

でも、あれだけ綺麗に霜が降っていると、約半分は脂です。

実際にも、フライパンの中は脂だらけ。

どういうわけか、私は昔から「食」、「飲食業」にご縁があるようです。

卸しと小売りの魚屋をしていた昔、ポルトガルからマグロとウニを輸入するお話しが出て、幸か不幸かしょっちゅうマグロとウニを試食する係になりました。

あの時は、マグロとウニを食べ過ぎて気持ち悪くなり、2度と食べたくなくなりました。

美人は飽きる…

タグ: , ,
カテゴリー: ドイツ、ドイツ人について, ドイツの暮らし, ビジネス, 食事, 買物, 日本、日本人について

身を美しくする躾

躾という漢字は、日本で作られた国字だそうです。

漢字は中国で紀元前1300年頃に出来て、4世紀頃に日本に伝わったそうです。

その漢字を使って中国人と筆談をする(コミュニケーションを取る)ことは出来ません。

試してみたことがあります…😅

中国語の新聞を日本人が読んでもさっぱり分かりません。

あるいは漢文が出来れば可能?

漢字は日本で独自の進化を遂げたからです。

ひらがなやカタカナも日本で作られました。

既にある基礎を向上させることにおいては、日本人の右に出る者はいません。

日本人が作った和製漢字を国字と言うそうです。

意味的な側面から漢字を組み合わせて作られています。

例えば「躾」(しつけ)という漢字が日本で作られたのが面白いと思います。

身を美しくする、あるいは美しい身と書きます。

身を美しくするために、親から子へ代々と日本で受け継がれてきた躾。

国際連盟事務次長も務めた、新渡戸稲造の「武士道」に出てくる下りですが、一緒に散歩をしていた、あるベルギー人の大学教授が驚きます。

日本人には、西洋人のキリスト教のように、これといった宗教がないのに、どうやって道徳が保たれるのかと。

それを聞いた新渡戸稲造さんは長い間考え込んだそうです。

そして行き着いたのが武士道でした。

武士は、当時の日本の士農工商の内の僅か一部でしたが、他のどの身分からもカッコ良いと思われていたようです。

位も1番高いのだから、当たり前かも知れません。

そこで、武士の階級では当たり前だった躾が、どの階級でも行われたのではないでしょうか?

余談ですが、商(売・人)は1番下です。

日本では昔から儲けるということを善としないところがあります。

武士は食わねど高楊枝です。

商売という表現よりビジネス、

商人よりビジネスマンを好みます。

だから日本人は商売が下手くそです。

金太郎飴の日本国民。

集団での行動が得意で、1人1人の極端な差が極めて小さいです。

だから江戸時代の頃で識字率は既に世界でダントツトップ。

そういったこともあって、東日本大震災の時には世界の賞賛を受けましたが、実はそれは昔から続いています。

幕末に起きた大きな安政東海地震、安政南海地震でも、関東大震災でも…

躾が、日本人の良さを保ってきたのではないでしょうか?

その躾は、今の日本でもまだ受け継がれ続けているでしょうか?

タグ: ,
カテゴリー: ドイツの暮らし, 子育て, 教育, 文化, 日本、日本人について

ラーメンとチャーハン、日本と中国の違い

ドイツでもここ何年か、ラーメンとお寿司が大人気です。

ここデュッセルドルフでも、予約をしないと入れないか、行列を待つしかありません。

お寿司は日本生まれだと思いますが、ラーメンは中国からだと思います。

そこで不思議に思うことがあります。

ドイツで中華レストランに入ると美味しいチャーハンは食べられますが、ラーメンはいただけません。

どうしてでしょうか?

チャーハンは中華レストランで食べても美味しいし、日本人のラーメン店で食べても美味しいです。

でもどうして中華レストランのラーメンはいただけないのでしょうか…

タグ:
カテゴリー: ドイツの暮らし, 食事, 日本、日本人について, 住まいと暮らし

出会い

以前ある知り合いから、一時帰国の際に鍵山秀三郎さんに会ってみたいと言われました。

掃除に学ぶ会を立ち上げたのは鍵山秀三郎さんと共同創立者の田中さんという人ですが、田中さんとは面識があったので、お願いしてみました。(現在田中さんは引退済み)

そこでその人の一時帰国の際に、鍵山さん、田中さん他数人の掃除に学ぶ会/日本を美しくする会のVIPメンバーと一緒に昼食会となりました。

その時に、その人がお土産として持ち帰ってくれた物のひとつがこの書です。

「みつを」さんの直筆だそうです。

ありがたく弊社オフィースの壁に飾らせていただいています。

いくつもの「ドキッ」とする言葉を発信された「みつを」さんですが、それを世に広めたのが鍵山秀三郎さんだそうです。

この言葉にも、「ジ〜〜〜ン」とくるものがあります。

タグ: ,
カテゴリー: ドイツの暮らし, 日本、日本人について

海外育ちに必要な日本語教育

は、日本と同じようにはいきません。

「おはよう」なら「おはようございます」、「ありがとう」なら「ありがとうございます」と、親も常に丁寧に言う必要があります。

現地校に行く彼らにとって、日本語と接触する機会が少な過ぎるので、親が使う日本語がそのまま手本になってしまうのです。

例えばうちの長男。

中学生になるまで、「僕」、「俺」が分からず、特に複数の時にずっと「私たち」と言っていたので、可愛くはありました。

挨拶やお礼の時に、親(年長)が「おはよう」や「ありがとう」で、子供(年下)は「おはようございます」、「ありがとうございます」と返すんだよ。

と言っても通じません。

通じないという意味は、それを嫌という程繰り返せば良いのですが、時間的に無理があります。

そこで親がそのまま丁寧な方を常日頃使うので、子供も自然に真似をするという方法です。

朝、子供と顔を合わせると「おはようございます」、お礼を言う時は「ありがとうございます」と言います。

そうすると、子供からも同じ言葉が返ってきます。

タグ: ,
カテゴリー: ドイツと日本の違い, ドイツの暮らし, 教育, 日本、日本人について, 日本語教育, 住まいと暮らし

北里大学をつくった、北里柴三郎さんをご存知でしょうか?

月刊誌「致知」12月号からです。

ノーベル賞、生理学・医学賞受賞者、大村智、北里大学特別栄誉教授の記事です。

北里柴三郎さんは、その昔に日本人の医者として世界的にも大活躍して、ノーベル賞候補にまで上がったそうです。

当時はまだ日本(アジア、黄色人種、有色人種)は西洋から差別を受けていたので、ノーベル賞受賞にいたらなかったそうです。

その北里大学の大村智教授は先日ノーベル賞を受賞しました。

その大村智さんの言葉ですが…

これは正に昔の日本。

西洋化する前の日本です。

謙虚、謙遜、協調、和を尊重することを基本におく本来の日本(人)です。

それが西洋にかぶれて自己主張、個人主義、利己主義に染まりつつあります。

(誤解を避けるため… 西洋にも良い人は結構います。比率の問題です)

東日本大地震やコロナで、まだまだ日本は世界に賞賛されています。

今からでも決して遅くはないので、本来の日本人の良さを、褌を締め直す気持ちで…

いえ、襟を正す気持ちで暮らしていきませんか?

タグ: , , ,
カテゴリー: ドイツの暮らし, 健康, 医療, 医療と健康, 日本、日本人について

ありがとうと言うか、言われるか

「ありがとう」と言うのと、言われるのではどちらがお好きでしょうか?

普通は言われる方が好きではないでしょうか?

ワタミグループの創業者の本を一度読んだことがあります。

給料が物凄く高いものの、仕事がとんでもなくキツいことで有名な佐川急便で頑張って貯金をし、ワタミグループを創業したそうです。

最も多くの「ありがとう」を集める企業を目指したそうです。

ですが、巷ではあの企業はブラックだそうです…😰

言うこととやっていることが違う?

本では良いことを書き、行っていることは違うのでしょうか?

あるいは、本人は良い人でも幹部が良くないのでしょうか?

本当のところは分かりません。

興味深かったのは、都知事選に立候補して敗れた時のコメントでした。

会社と社会の違いについてでした。

2つの漢字がひっくり返っただけなのですが…

でもその差は雲泥。

会社の場合、社員は一応社長から給料をもらっています。

お給料をもらっているので、どうしても立場が弱くなってしまいます。

社長に何かの意思があった場合、例えば会社の行く方向を決めて社員に協力を求めた(指示を出した)場合、社員は一応協力します。

ところが社会の場合、その関係が一切ありません。

町長、市長、県知事、首相…etc., その社会の長が何を良しと考えて、その方向に進もうが、どうしようが、一般市民には関係ありません。

関係ないと言うと無責任ですが、その説明をして了解を得て、協力してもらうのは至難の技となりそうです。

何が言いたいのか…

ありがとうと言われるのは確かに気持ちが良いものです。

そして、常に「ありがとう」と言われるように努力するのは間違いなく良いことだと思います。

でも、常に「ありがとう」と言うことを心がけることも同じように大事なことだと思うのです。

ほんの小さなことでも、「ありがとう」と言いたいです。

えらぶっている人は、どうもその「ありがとう」が言いにくいようです。

そういう人は、「すいません」の一言も出にくいようです。

「ありがとう」と言うことによって、相手は良い気分になります。

故小林正観さんによると、「ありがとう」と言う言葉には魔法があるそうです。

「ありがとう」を何万回も言うと、不思議なことが起こるそうです。

これ以上は今の科学では分からない、スピリチュアルなこととなってしまうのでやめておきます…😅

タグ: , ,
カテゴリー: ドイツの暮らし, ビジネス, 文化, 日本、日本人について

ウイグルの残虐行為を放っておいてはいけない理由

どういう理由か分かりませんが、日本の左派も政府もウイグル問題に目をつむるそうです。

日本の左派は、イコール親中?

アメリカやカナダは政府がそれをジェノサイトと認めました。

日本の政府は、中国を慮ってか認めていません。

ドイツでは、もし溺れた人を見つけたら、自分が健康で泳げる場合は助けないと罪になります。

困っている人、それどころか虐待を受けている人を見て見ぬふりをするのは罰に値しないでしょうか?

タグ: ,
カテゴリー: ドイツと日本の違い, ドイツの暮らし, 日本、日本人について, 時事

日本人の商才

商売と言うよりもビジネス。

商売人と言うよりもビジネスマン。

と言った方、言われた方がカッコいいです。

人に「あなたはビジネスマンですね」と言われればカッコいいですが、「商売人ですね」と言われると、どうしてもネガティブに聞こえます。

長い間、士農工商で「商」が最も下であるというイメージが染み込んでいるからでしょうか。

でも、商才だけはあまりネガティブに聞こえません。

余談から始まりましたが、つい最近、日本のビール会社の涙ぐましい(?)営業促進努力をニュースで知りました。

ビールの泡の違いを訴えて、サーバーを無料で貸し出して、隔週で生ビールを自宅まで届けるサービスなどです。

レストラン需要の落ち込みがひどいので、それを少しでもカバーする努力だそうです。

こちらドイツのビール会社でそんな話しは聞いたことがありません。

やはり日本人の努力は商才にも反映されているのでしょうか…

海外で商売が上手いのは、やはり中国人と韓国人です。

なんちゃっても含めて、和食レストランや寿司、ラーメンもそうですが、食料品でも何でも中韓の人たちは商魂たくましいです。

それに比べると、日本人は商売が下手(?)で物足りなく感じていました。

でも今回の日本のビール会社のたゆまぬ努力で気が付きました。

日本人にも素晴らしい商才はあるものの、良い意味での貪欲さ、商魂が欠けていることにです。

それも日本人の謙虚、遠慮がちな国民性に基づいているのだと思います。

タグ: ,
カテゴリー: ドイツ、ドイツ人について, ドイツと日本の違い, ドイツの暮らし, ビジネス, 食事, 買物, 日本、日本人について, 住まいと暮らし

美味しいものを先に食べるか、後に回すか…

どちらが良いでしょうか?

得をするのは前者だと思います。

でも徳を得るのは後者ではないでしょうか?

後に回すと、時間の流れによって、美味しいものにあずかれない可能性が出てきます。

後に回したことで、その時が来るまでにその美味しいものがなくなってしまう可能性が出るからです。

でもそれは、仕事や私生活では逆になります。

美味しいもの(大事なことやしなくてはいけないこと)を後に回すと、同じように、忘れたり、できなくなってしまう可能性(理由)が出てきてしまいます。

よって、したいこと、しなければならないことは先にした方が良いと思います。

ではそうすると、どうして徳をするのでしょうか?

タグ:
カテゴリー: ドイツの暮らし, 日本、日本人について

日本人の気配り、気遣い、ドイツ人との付き合い

ドイツに住んで42年が経ちました。

途中で1年近くイギリスにいましたが、それでも40年以上です。

以前のブログ、「ドイツが住みやすい理由」に関して、

「…できればもう少しドイツ人とコミュニケーション取るべきでした…」

というコメントを、以前ドイツに住んでいた人からいただきました。

確かに、ドイツに住んでいる日本人は普通、日本人同士でかたまっています。

言葉の問題があるのでしょうがないことです。

それでも頑張って、現地の人とも交わった方が良いと思います。

彼らの考え方を知ることによって、自分の知識、見聞も広まります。

運良く私の場合は、ドイツに来てすぐにドイツ語を覚える環境にいたので、ドイツ人の知人友人も多くいました。

夢中になった趣味で、仲間のドイツ人ともかなり親しくなりました。

親友と呼べるレベルの友人も出来ました。

でも、やっぱり何か違うのです。

日本人の友達と、ドイツ人他、外国人の友達では。

その傾向は、歳を取れば取るほど顕著になりました。

食事も似たものがあります。

ドイツに来てまだ間もない若い頃は、日本食は値段が高いこともあって手が出にくいのですが、イタリアン、スペイン、中華、韓国…、色々なお手頃で美味しい料理があります。

ですが、歳をとるにつれて、それらの料理のバラエティーさの狭さに気が付き、日本食のバラエティーの広さ、奥行きの深さを知って、外食は常に和食となりがちです。

似たように、知人友人もやはり日本人の方が良くなってきます。

まず第一に楽です。

そして、日本人の気配り、気遣いがとても心地良いのです。

これは言語とも同じなのかも知れません。

英語よりも、ドイツ語よりも、母語である日本語を話しているのが一番楽です。

大人になって学ぶ外国語は、自分の身になりきりません。

歳を取ってボケると消えてしまいもします。

つまり、自分の人格というか人間性も母国語が決まってしまう12歳前後に決まってしまうからではないでしょうか…

困らない程度にドイツ語も英語も出来ても、根は日本人です。

40年以上もドイツに住んでいて、いまだにドイツ人にも日本人特有の気配り、気遣いをしてしまいます。

相手に気が付いてももらえずに、「またやってしまった… 」と、苦笑します。

但し、これはあくまでも一般論です。

とても気がつくドイツ人もいれば、全然気が付かない、気が利かない日本人も勿論います。

私にもひとり例外で、イタリア人の親友がいます。

タグ: ,
カテゴリー: ドイツ、ドイツ人について, ドイツと日本の違い, ドイツの暮らし, 日本、日本人について

左翼小児病

数年前に、虎ノ門ニュースの沖縄の報道をこのブログで紹介しました。

そうすると、左翼?、極左??、反日??? の日本人から噛みつかれました。

噛みつきのコメントが入ったのです。

(でもその後に分かったことは、日本人の多数が左に染まってしまっていて、虎ノ門ニュースが右翼と思われてしまっていることです)

お恥ずかしいながらその時点で私は、この世の中に左翼や右翼の存在があることを知らなかったほどの政治音痴でした。

いい年こいて…

ビジネスまっしぐらだったのです。

だから、その噛みつきコメントにびっくり仰天。

それからというものは、左翼、右翼に興味を持って勉強を続けています。

勉強というと大袈裟です。

興味を持つと、そのことに対するアンテナが自動的に立つので、関連の情報が自然に耳に入ってきます。

ところで、アプリの国語辞典「大辞林」で「左翼」という単語を入れると、「左翼小児病」という単語がすぐ隣に現れます。

それを見て気が付いたことがあります。

多くの日本人は、左翼(小児病)で乳離れしていないのではないかということです。

ドイツやイギリスでは(多分、他の欧州各国も?)、子どもが生まれるとすぐに個室が用意されます。

幼児の頃から既に、1人で個室で寝るのです。

日本では、もし十分な部屋の数があっても、幼児の頃は両親と一緒に川の字だと思います。

うちでもそうでした。

うちの子どもたち3人全員が、かなりの年齢まで。

五本川で寝ていた時期が結構長くありました。😅

ドイツの学校では、試験の点数が良くても、授業中に手を上げ(て発言・自己主張し)ないと良い成績をもらえません。

つまり、日本式にテストの結果がいつも100点満点でも、イコール成績が良いことに繋がりません。

自立、自己主張が促されるわけです。

自立は勿論良いのですが、問題は真の自立かどうかです。

真の自立の場合は、何でも自分で処理して、周りには頼りません。

ところが、真の自立ではない場合、常に外にヘルプを求めます。

本当の自立が出来ていないのです。

自立が出来ていないとどうなるか…

親を敬う(愛する)ことが出来までん。

親を敬うことが出来なければ、お隣を敬う(愛する)ことが出来ません。

お隣を愛せなければ、村、市、県も愛せません。

そして、自分が所属する民族の集まりである(日本)国も愛せません。

つまり、いつまで経っても親離れ出来ずにいる。

そして親を始め、自治体、国の文句ばかりを言っている…

正に小児病と思えます。

しょっちゅう、政治家に文句をたれている私もしかりです。

日本人の多くは、教科書、先生(日教組)(元々はGHQ)に騙されて左側、自虐史観側にいます。

ですが、本人たち自身がそのことに気が付いていないのが困ったことです。

虎ノ門ニュースを見て特に何も感じなければ、あるいは同感だったら大丈夫です。

もし違和感を感じてしまったら、左、自虐史観に染められてしまっていると思われます。

自己肯定は、生きていく上でとても大事なことです。

自虐史観を持っていると、自己肯定は難しくなります。

自分とは、先祖の先にいる存在だからです。

先祖が悪い人間なら、その血を引いている自分も当然…

自己肯定が出来ないと、誇りや自信を持てません。

タグ: ,
カテゴリー: ドイツの暮らし, 日本、日本人について

物をあげるのと、もらうのでは、どちらが良いでしょうか?

物をいただくのは嬉しいことです。

でも、あげるのも気持ちが良いものです。

では、どちらの方がより良いでしょうか?

あげる方だと思います。

もらう方は、物欲が満たされます。

あげる方は、自分以外の人のために何かをするという利他の欲が満たされます。

だから、あげる方が良いと思うのです。

タグ: ,
カテゴリー: ドイツの暮らし, 文化, 住まいと暮らし

Das nächste Kanken Kanji Test in Düsseldorf bei VHS am HBF ist am 20. Juni 2021/Anmeldeschluss 20.Mai 2021 – 木、林、森/Ki, Hayashi, Mori –

Es gibt 2 mal im Jahr „Kanken Kanji Test“ in Düsseldorf bei der VHS am HBF.

Im Juni und im Oktober.

Wer japanisch lernt, kennt bestimmt JLPT (Japanese-Language Proficiency Test).

4〜6 hundert Teilnehmer sind bei jedem JLPT in Düsseldorf am HBF.

JLPT ist eine Prüfung über lapanische Sprachkenntnisse für Nicht-Muttersprachlern.

Dagegen ist Kanken Kanji Test eigentlich für Japaner.

Auf der Fragebogen stehen kein Deutsch, Englisch, sondern nur Japanisch.

Zwischen 10.Kyu(Stufe) und 2.Kyu (Stufe) kann man auswählen.

1.Kyu kann man nur in Japan teilnehmen.

10.Kyu ist die leichteste Prüfung.

Das Niveau von 10.Kyu (Stufe) ist für 1. Klasse Schüler in der Grundschule (7 Jahre alt) in Japan.

Das Niveau von 1.Kyu ist so schwer, dass kein Japaner ohne langjährige Vorbereitung bestehen kann.

Normaler japanischer Geschäftsmann könnte 3. oder 4.Kyu ohne Vorbereitung bestehen.

Die Prüfung ab 2.Kyu muss man Kanji beherrschen, die man in alltäglichen Japanisch nicht verwendet.

Interessant bei Kanji ist z.B. 象形文字(Shokei Moji) und 会意文字(Kaii Moji).

「木」(Ki/Baum) ist ein 象形文字(Shokei Moji) und sieht aus wie ein Baum.

「林」(Hayashi/kl. Wald) ist ein 会意文字(Kaii Moji), wo 2 x Bäume(mehrere Bäume) sind. Also, kl. Wald.

「森」(Mori/gr. Wald) ist auch ein 会意文字(Kaii Moji) und sieht aus 3 x Bäume. Also gr. Wald, wo noch mehr Bäume sind als 2 x Bäume/kl. Wald.

タグ: ,
カテゴリー: ドイツ、ドイツ人について, ドイツと日本の違い, ドイツの暮らし, ドイツ語、日本語, 子育て, 文化, 日本、日本人について, 日本語教育, 住まいと暮らし

生まれてきた理由

という質問に対しての、世界三大宗教のひとつである、仏教、お釈迦様の答えは、何も無いそうです。

でもそれでは少し寂しいです。

そこに理由があるかないかは、その質問に対しての見方(見る角度?)の違いかも知れません。

私は、生まれてきた理由があると考えます。

それはまず第一に、自分の人生を全うすることだと思います。

どういうことかというと、自分の命を続けることです。

生を受けたら生を全うする…

だから自殺などはもっての外です。

二十歳の時に、自殺未遂で救急車で病院に運ばれたくせに…😅

だから、その気持ちは分からないではないです。

でもダメなのです。

当然の如く、殺人や死刑もダメです。

以前、日本のどこかの学校で、全校生徒が集まっている場で、ある子どもが質問したそうです。

「なぜ人を殺してはいけないのですか?」

その時に、先生方が誰も答えられなかったという報道を聞きました。

何という事態…

「先生たち、しっかりして下さい」

と思います。

そんなアホな質問をしてくる生徒には難しく考えずに、

「君は誰かから殺されたいと思うか?」

「人がして欲しくないことをしちゃいけないだろ!」

で良いではないですか。

死刑も、日弁連(日本弁護士連)が廃止を訴えていて、虎ノ門ニュースの解説者たちはそれに反対しています。

特に百田尚樹さん。

普段、とても勉強になる虎ノ門ニュースですが、そして日弁連は左に寄り過ぎて真っ赤っかのとんでもない組織のようですが、死刑は私も反対です。

もし自分の子どもが誰かに殺されたら、その犯人には死んでもらうよりも、一生牢屋で反省してほしいと思います。

恩赦はダメ、無しです。

そして、自分の生を全うするだけでは不十分です。

自分の生を次にバトンタッチすることが必要です。

そうです、子作りです。

自分の過去をさかのぼると、とんでもない数の先祖と繋がっていることに気が付きます。

ある時、それが倍々計算であることに気が付き、「これは面白いことになるかも…」と、実際に計算してみました。

自分の親は2人です。

でも、親の親、つまり、おばあちゃん、おじいちゃんは、誰にでも必ず4人います。

そしてひいおばあちゃん、ひいおじいちゃんたちは8人。

その計算を続けてみるとびっくり…

10代遡って1.024人、15代で3万2千人、20代で100万人、49代で何と、560兆人の先祖と繋がっています。

正に人類皆兄弟。

命が幅広く、脈々と続いていることが感じられます。

それだけの先祖の繋がりの結果の自分を、子を作らずに自分で止めてしまうのは如何なものでしょうか?

子どもが欲しいにもかかわらずに、どういうわけか子どもができない人には本当に申し訳なく思います。

でも、自分のエゴで子どもを作らないのはとんでもないことではないでしょうか。

第二番目の意味は、自分の人生で成長することではないでしょうか?

どういうことかと言うと、常に何かに努力し続けることです。

身体の方は、生まれてから何もしなくても勝手に大きくなります。

でも、人間は植物とは違います。

ただ単に身体が大きくなるだけでは不十分です。

大きくなる身体を適度に使う必要があります。

それは頭も一緒です。

過去に出来なかったことが出来るようになるのが成長ではないでしょうか?

何かに挑戦して上達すると、無性に嬉しくなります。

身体中で喜んでいる気がします。

世の中の生き物で、生まれてから成長しないものは皆無です。

よって、命をつなげることと、自分が成長することが、生まれてきた理由だと思うのです。

タグ: ,
カテゴリー: ドイツの暮らし, 医療と健康, 住まいと暮らし

ドイツに巨大なヨーロッパ生産拠点を置く予定のテスラ社

の、大きな電気スタンドが近所に出来ました。

軽食が取れるスナックもあります。

テスラの創業者は、先日AMAZON の創業者を、お金持ち世界一の座から奪い取ったそうです。

AMAZONといえば、日本では分かりませんが、ドイツなどでは今日既に国民の生活の一部。

世の中の買物のシステムが再び変化でもしない限りは、世界の覇者になるのは間違いないので、当分ダントツの世界一長者で居続けると思っていました。

そのテスラ車は、日本ではまだごく一部の富裕層だけが乗る車かもしれません。

ですがここドイツ、特にうちの村では一戸建ての家が多いので、テスラがしょっちゅう走っています。

車のような高額商品がこれだけ増えれば、ジェフベゾスさんを抜くのはあり得ます。

そのテスラは去年、ドイツの北の方に、巨大な工場を建てることを決定したそうです。

ヨーロッパ本社です。

その雇用者人数が何と1万人とか。

特に先進国では、今日のロボット等などの近代化によって、大きな工場を驚くほどの少ないスタッフで運営できます。

それにもかかわらずに1万人。

どれだけ巨大な工場になるのでしょうか?

電気自動車は、一部の浅はかな政治家によって今後追い風を受けるようなので、テスラもどんどん躍進するのは間違いないはずです。

株の買い時です。

もう遅いかな〜😅

タグ: ,
カテゴリー: ドイツと日本の違い, ドイツの暮らし, ビジネス, 移動交通, 買物, , 時事, 住まいと暮らし

サプリは本当に必要?

とは思えません。

毎日飲む分には…

サプリのメーカーに、DHC社というのがあります。

地上波や、朝日毎日の偏向報道、捏造報道に騙されないように虎ノ門ニュースを提供してくれているので、とてもありがたいことではあるのですが…

サプリでそんなに売上があるのは信じられません。

サプリはDHCだけが作っているのではなく、大手も作っています。

一体、どの位の市場規模でしょうか?

それだけ多くの人が、定期的にサプリを飲んでいることになります。

ペット用まであります。

食事だけでは本当に不足なのでしょうか?

私には眉唾物としか思えません。

とは言いつつも、足の筋肉がつった時などにはマグネシウムを取るとすぐに治ります。

スポーツの後の筋肉痛も和らげてくれます。

でも、きちんと食事を取っていれば、毎日のアプリが必要とは思えません。

タグ: , ,
カテゴリー: ドイツの暮らし, 買物, 健康, 医療, 医療と健康

メルケルさんとバイデンさんの共通点、その2

メルケルさんとバイデンさんの共通点

に続きます。

お2人の共通点は無責任さです。

ドイツでも左翼勢力が強いせいか、トランプさんは悪者になっています。

左翼勢力というのか、人道、人権、環境問題をやたら叫んでいる変な人たちです。

メディアの多くも、そういう勢力に支配されているようです。

DER SPIEGEL は、ドイツではインテリが読む雑誌です。

ドイツ語学校で、中級以上に行くと読まされる雑誌です。

その雑誌、トランプさんが大統領になった頃の表紙がこうでした。

こんな印象操作をされれば、学校で教えられなくてもトランプさんが嫌いに…

学校では何を教えられるか…

「メキシコとの境に、壁を作って人が入れなくするひどい大統領だ!」

ちょっと待ってください。

入ってこようとする人たちは違法移民です。

アメリカ人の職と税金を奪いますよ…

第一、違法ですよ…

メルケルさんしかり…

「私たちには出来る!」

と、太っ腹で旗を振ってEU中を巻き込み、多くの難民を受け入れたものの…

その判断を悔いて、「出来ることなら時間の針を戻したい…」

何ですか、それ?

呆れる他ありません…

タグ:
カテゴリー: ドイツ、ドイツ人について, ドイツと日本の違い, ドイツの暮らし, 日本、日本人について, 時事, 住まいと暮らし

本日のお勧めドイツビール

は、南ドイツの AVENTINUS

南ドイツに行ったことがある人なら聞いたことがあると思いますが、南ドイツ特有のヴァイス(Weiß/白)ビール(Weizenbier)です。

Weizenbier とは、小麦麦芽だけでなく、麦芽化していない生の小麦を使用しています。

さらにはDoppel Bock。

Doppel Bock とは本来、5月に作られる期間限定ダークビールです。

白ビールでダークビール??

2020年に、何かの賞で金賞を取ったようです。

以前ご紹介した、デンマークの「象ビール」はアルコール度が10,5%でしたが、こちらも8,2度と、普通のビールの1,6倍!

酔いが早い…

酔っ払い効率最高です…😅

独特な味で、好き嫌いが出ると思いますが、大手のドリンク量販店で売っています。

タグ: ,
カテゴリー: ドイツの暮らし, 食事, 買物, 住まいと暮らし

身体を鍛えると、自然と姿勢が良くなる

ということを、「田舎でダラダラ」さんのブログで思い出させてもらいました。

以前、毎週日曜日の朝に、仲間と一緒にデュッセルドルフの森でジョギングをしていました。

ある朝、仲間の紹介で見慣れない若い女性が参加してきました。

総領事館に勤めていたそうです。

そして何と、私のことを覚えていてくれたのです。

そう言えば先日、パスポートの更新に行った…

その時に、窓口に出た担当者だったそうです。

私は受けを狙って、いつもバカなことばかり言っているからだと思いました。

ところが言われたのは、「とても姿勢が良かった人」でした。

あくまでも、態度ではなく姿勢です。

態度は微妙だったと思います。

いつもバカを言っているので…😅

と言うわけで、普段スポーツをして筋肉を鍛えていると、自然と背がピンとして姿勢が良くなります。

筋肉が、程よく身体を引っ張ってくれているのだと思います。

そう言えば、普段運動をしていない人で、出っぱったお腹を引っ込めたいと思う人に朗報です。

ダイエットに合わせて腹筋を鍛えて下さい。

ダイエットで脂肪を取る以外にも、腹筋を鍛えることで、腹筋が内臓を中側に押してくれます。

そうすると、お腹がへっこむのです。

腹筋が無いと、内臓がお腹からせり出してしまうのです。

動くために出来ている人間の身体。

その身体には、程よい運動は欠かせません。

進化が示す健康法則

タグ: , ,
カテゴリー: スポーツ, ドイツの暮らし, 健康, 医療と健康

マスクは誰のために?

日本では以前から当たり前だったマスクが、今日では世界でも当たり前になりました。

去年の年初には考えられなかったことです。

僅か一年の間に、日本では当たり前だったことが、世界中で当たり前のことになりました。

だからと言って、李登輝さんの発言、「21世紀は日本の時代になる」がすぐに実現するわけでは当然ありません。

ですが、日本の良き国民性が、何らかのきっかけによって、世界に広まる可能性がゼロではないと思います。

謙虚、謙遜、譲る、協調性、気配り、気遣い、掃除…などなど。

それが世界に広まれば、世界が平和になると思われるポテンシャルなことが多くあります。

日本人は、そういった国民性から、外交や政治で世界のリーダーになることはまず無理です。

それが可能になるには、高杉晋作や坂本龍馬のような人間がゴロゴロいないと無理です。

ですが、今回のコロナのように、何かの世界的な危機(コロナも実際には、私たちおバカな人間が騒いでいるだけですが…)がきっかけで、日本の美徳が世界に広まる可能性がゼロではないと思います。

タグ: , , , ,
カテゴリー: ドイツの暮らし, ビジネス, 医療と健康, 文化, 日本、日本人について, 時事

ドイツのコロナ事情もいよいよ正念場

ドイツのコロナの経済制裁(もはや、経済制限ではなくて経済制裁です)も、いよいよ正念場に入って来た様子が見られます。

ミュンスターの高等裁判所で、不公平を訴えた原告側が勝利しました。

あちこちでそういう訴訟が起きているようです。

ドイツでは、どの種類のお店が普通に開けられるか、一部開けられるか、時間制限があるか、予約が必要か…

複雑にしてしまっています。

元々、職業に貴賎は無いはずなのですから、

どのお店はこうで…

等を決めること自体に無理があります。

さらには、「スペインのマジョルカ島には飛行機で旅行出来て、地元ドイツのコロナ患者が少ない旅行地はなぜダメなんだ!」…等々。

経済制裁を受けている産業界のフラストレーション、堪忍袋の緒が切れ始めたのです。

無能な政治家の意味のない施政にほころびが出始めたのです。

政治家が、私利私欲を捨てて、全身全霊を傾けて色々と決めていない証拠です。

政治家が、ぶら下がりタイプのサラリーマンになってしまっています。

ごく当たり前のことで、それを自業自得と言います。

私は和を尊重する日本人の1人ですし😅、超零細でもあるので、ここのブログで愚痴を言っているのが精一杯ですが、そういうリーダーシップのある人たちの正しい提言、主張には心から頑張って欲しいと思います。

自己主張のドイツ(大陸)で、皆さん今までよく我慢したものだと逆に感心してしまいます。

決めた事は守る、ドイツの国民性から来るのかもしれません。

タグ: ,
カテゴリー: ドイツ、ドイツ人について, ドイツと日本の違い, ドイツの暮らし, ビジネス, 食事, 買物, 時事, 住まいと暮らし

9000km離れた日本から届いたお手玉5個 その4

パッチングワーカーさんの奥様が、片手で作ってくれたお手玉です。

四つ玉ですが、未完です…😅

さすがにちょっと難しいです…

これを完成させて(マスターして)、それをさらに一輪車の上でやるという無謀な計画…😅

そこまで出来ればサーカス並みですが…

果たして一体、出来るようになるのか…😅

そして送っていただいたお手玉は全部で5つ…😰

タグ:
カテゴリー: ドイツの暮らし, 趣味習いごと, 日本、日本人について, 住まいと暮らし

ガレージに吊ったサンドバッグ

もうすぐ19になる長女の希望で、狭いガレージの隅につい最近、サンドバッグを吊りました。

今時ドイツでは、アマゾンで何でも安く注文できて、翌日〜数日後には何でも手に入ります。

何のためのトレーニングなのか?

ダイエット代わりなのか?

長女は音大に入学したばかりのピアノ奏者です…

とは言いつつも、昔とった杵柄で、ついついボクシングの姿勢を教えていました…😅

タグ:
カテゴリー: スポーツ, ドイツの暮らし, 日本、日本人について, 住まいと暮らし

ひどい腰痛も、ステロイド注射に頼らずに治せます! -2-

それは、特に背骨の周りやお尻の筋肉(インナーマッスル = 身体の中に隠れた筋肉)を集中的に鍛えて、背骨を支えるという理屈に基づいています。

潰れた椎間板(背骨と背骨の間のクッション)を、横(周り)から支えるということです。

理屈は聞いて知っていました。

理にかなっているとも思いました。

そこで腹筋、背筋は鍛えていました。

私は身体に関する理論武装も多少しています。

中退したものの、ドイツの国家試験を取るための自然療法士の学校に行き、ある程度の基礎医学を習いました。

調べに調べ尽くしてたどり着いたのが、身体に良いこととは、その身体がどうして存在しているかを考えれば良いという答えでした。

極端な例で言うと例えば、空を飛べるほどの立派な羽を持った鳥も、それを使わないといつかは飛べなくなってしまうということです。

どうして人間の足腰は、猿と比べてこんなに大きくてしっかりしているのか…

どうして人間の腕は、背後の一部を除いてこんなに自由に動くのか…

動くように出来ているものは、動かしていないと使えなくなってしまうのです。

進化が示す健康法則

身体のことは多少分かっているつもりです。

それでも、「溺れる者藁にもすがる」思いの腰の痛み…

そのトレーナーを紹介された時に、ついつい言ってしまいました。

「私は一応、基礎医学を勉強して、身体のトレーニングもかなりしているので、あなたの方法でもし治らなくてもがっかりしないでくださいね」

そんな超日本人的な気遣いの減らず口を叩くものの、心の中では期待で一杯…

まずは説明を受けます。

自分が持ち合わせた知識と照らし合わせてみても、間違ったことは言っていないようです。

すがる気持ちもあったので、費用はバカにならないものの、ダメ元でお願いしました。

www.promedicalfitness.com

費用は一回で€150(約2万円)。

10回でワンセット。

つまり20万円…😰

20万円を高いと思うか、安いと思うかは人それぞれです。

マネージャートレーニングという名目で請求書も出せるので、経費で落とせると言います。

半信半疑なるものの、それでも期待を抱いて10回受けました。

結果…

トレーニングを受け始めた頃は、1〜10までの痛みのグレードで言うと3〜5でした。

そろそろ注射を打ってもらう予約を取ろうかと迷い始める頃です。

1〜10までの痛みとは、1〜2は少し気になる程度、5〜6はラジオ体操のぴょんぴょん跳びでお尻に痛みが走り、注射を受けたい程の痛さ。

10はもう救急車を呼んでもらいたい痛さとします。

1番最初に注射を受けに行った時は、歩くのに支障が出た6〜8だったでしょうか…

結果として、あれから3ヶ月ほど経ちましたが、いまだに注射を受けていません。

現在の痛みのグレードは0〜2程度。

実は、痛みが完璧にゼロになったらこれを書こうと思っていたのですが、その日は近いような気がします。

あるいはしっかりと筋肉が出来上がるまでにまだ一年位はかかるかもしれません。

書くのを急いだ理由は、パッチングワーカーさんの親ごさんが困っていると聞いて…

加齢と共に進む身体の不具合のほとんどは運動不足によるものです。(⬅︎ 断言してしまいます)

その証拠に?私には四十肩、五十肩というのが来ませんでした。

水泳をしているからだと思います。

運動をしない普段の生活だと、腕を肩から上以上に腕を上げる動作がありません。

動くために出来上がっている身体を使わないのが、不具合の理由です。

詳しくは、是非前述のサイトや本をお読み下さい。

お年寄りも普通、ほとんど体を動かしません。

必要と思われるレベルから考えた場合の動かし方です。

それが悪循環なのです。

でも、お年寄りの場合は、私の例よりも楽だと思います。

普段、身体を動かしていないだけに、いったん動かし始めれば、物凄く楽になると思います。

その効果は、普段運動をしていない人ほど高いはずです。

普段していないことをするので最初は大変ですが、続ければ得られる効果は絶大です。

最初は少しでいいのです。

無理は禁物です。

でも毎日。

出来れば1日2回。

慣れてくれば3回、4回。

問題は、続けられるかどうかです。

タグ: , ,
カテゴリー: ドイツの暮らし, 健康, 医療, 医療と健康, 日本、日本人について, 住まいと暮らし

例年通りに花粉症で苦しんでいる皆さん、ごめんなさい…

どうも私は治ってしまったようです。

かつて、ステロイドの注射を打ってもらわないと、どうにもならなかったほど重症の花粉症患者でした。

それが、食べ物によってお腹を整腸できて、花粉症が(7〜8割)治り、今シーズンは9割以上治ったようです。

7〜8割だけ治ったか、9割以上治ったかの差は結構大きいです。

7〜8割の場合、晴天が続くとくしゃみが出る頻度が増えて、目が痒くなります。

しょうがないので塩水を用意しておきます。

ひどい時は、その塩水で目を洗ったり、鼻から入れて口から出します。

それで治るわけではありません。

少し楽になるのです。

今年も、既に1月からくしゃみが出始めたので、例年通りに塩水をペットボトルに用意しました。

塩の比率はかなりいい加減で、なめてしょっぱい程度です。

ところがもう3月も末。

まだ一度も使っていないのです。

目は痒くならないし、クシャミは出ても1日に1、2回。

「一体、自分は本当に花粉症だろうか?」

のレベルなのです。

そこで気になる去年と違う点を述べます。

ブロッコリーです。

うちの奥さんが、体に良いからと言って、頻繁にブロッコリーを塩茹でしてはテーブルの上に置いてくれるようになりました。

ついでに言うと、ブロッコリーの茎は結構美味しく、薄く切って油炒めすると酒のおつまみに最高です。

テーブルにしょっちゅう置いてある、塩茹でしたブロッコリーを頻繁につまみます。

ブロッコリーは(も)身体に良いというので調べてみました。

何と、ブロッコリーはキャベツの仲間ではないですか!

しかも、健康に良いことがキャベツと同じように色々とインターネットで出てきます。

私が、花粉症が7〜8割治ったことを聞くと、多くの花粉症患者さんはその方法を聞きますが、キャベツを毎日食べる、しかも私の場合は「生で」と聞くと、尻込みするようでした。

今日では、化学系の良く効く薬があるので、その薬を飲めば良いということなのでしょうが、効く薬には理由があります。

良薬口に苦しではなくて、効く薬身体に怖しです。

化学系の薬を飲むより、野菜を食べた方が良いに決まっています。

しかも、ブロッコリーの場合は、さらにもう一点、キャベツよりも優れた点があります。

キャベツで花粉症が治る、しかも風邪を引かなくなるというお話しは、もうかなり多くの方々にご紹介しました。

最も良かった例は、以前デュッセルドルフに住んでいて、今は日本に帰られている私より年配の男性。

100%治ったそうなのです。

但し、「オナラがたくさん出るのでどうにかしてくれ!」

とは言われます…😅

最も悪かった例もあります。

キャベツがどうしても身体(お腹)に合わない人がいます。

キャベツを食べるとお腹が痛くなってしまう人がいるのです。

100%治った人や私、その他大勢はキャベツでオナラが頻繁に出るようになります(= 整腸効果でガスが発生するようです = 善玉菌が増えているそうです = 免疫が高まります= 花粉症が治って風邪も引かなくなります)

ところが、身体にも個人差があるので、そのガスの発生で?お腹が痛くなってしまう人がいます。

便秘がちな人のように思います。

でも、そういう人の場合でも、ブロッコリーなら大丈夫です。

是非お試し下さい。

詳細はこちら ➡︎ 進化が示す健康法則

花粉症ではないと言う、うちの奥さん、それでも3月頃は時々クシャミが出ます。

本日午後2:00時、私は今日まだクシャミが一度だけ。

彼女は3回…😅

タグ: , ,
カテゴリー: ドイツの暮らし, 健康, 医療, 医療と健康, 時事

ドイツの、コロナに関する面白いお話し

ドイツには16の州があります。

その内の、地図で中央右の方にあるTübingen州。

Sachsen州を隔てて、東欧のチョコに近い州です。

現在、チェコでコロナ感染者が多いためか、色々とドタバタ劇が発生しています。

靴屋さんの営業に関してです。

市民団体からブーイングが出ました。

子どもは成長が早いので、靴の購入は、食料品と同じように大切だから、普通営業にしろという主張です。

現在、ドイツでは州によって差がありますが、食料品を販売するスーパーなどは普通営業。

その他のショップは、閉店、時短や要予約で制限がかけられています。

子供の成長は早いので、子供靴は必需品だから食料品を扱うスーパー並みにしろという主張です。

一理あります。

(でもそうなると、洋服も同じです)

そこで、Tübingen 州の靴屋さんで、14歳以下の消費者のための靴の販売は制裁*が解除されました。

* 私はもう、制限と言わずに制裁と名付けたく思います。

ところが、「3際の子供はどうするんだ!」

「自分で買いに行けないだろ!」

買い物に行く人数が制限されたままだからです。

こういうドタバタ劇はまだまだ出ると思います。

タグ: ,
カテゴリー: ドイツ、ドイツ人について, ドイツと日本の違い, ドイツの暮らし, 食事, 買物, 健康, 医療, 医療と健康, 時事, 住まいと暮らし
  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ