進化が示す、健康法則 ・自分で作ってしまう壁

スポーツの世界では「意識の壁」の実例がたくさんあります。

昔は100mを10秒より早く走ることは絶対に不可能である、と思われていました。人類にとって絶対に越えられない壁、と思われていたのです。

ところが今やどうでしょうか?

 

1912年の世界記録は10秒6でした。1960年代までは手動計測されていましたが、初めて正確な電動計測が導入された1968年のメキシコオリンピックで、アメリカ合衆国のジム・ハインズ選手が9秒95の世界新記録で優勝しました。

 

それから2人目の9秒台が出るまでは9年かかっています。

この2つの記録はいずれも好記録が生まれやすい標高が高い場所で記録されたので「高地記録」とされています。そのため、まだ「まぐれ」「運が良かった」という意識が一般的だったのかもしれません。

 

しかし、さらに7年後、1983年にカール・ルイスが平地で10秒の壁を突破すると状況は一変します。1980年代には9秒台を出す選手が続出するようになりました。1991年の世界選手権決勝では6人もの選手が9秒台をたたき出したのです。

 

いったん誰かが壁を破ると、他の人も次々と壁を越えてしまう。これはなぜでしょうか?実はよくある現象なのです。壁は自分の心が勝手につくっているもの。

最初に9秒台で走った選手は、おそらく「9秒台は不可能」とは思っていなかったはずです。地球上の人類の誰もが「無理」「不可能」と思っていたことに対して「自分はできる」と思う人間がその壁を越えてしまうと、「えっ?越えちゃったの?じゃあ、自分にもできるかも」と思う人が数多く現れるようになります。

つまり、自分で勝手につくりあげていた頭の中の壁が一瞬にして崩れ去るのです。100m10秒の壁はもはや存在しません。いいえ、現実には元々存在していなかったのです。

人間が頭の中に勝手につくりあげていた幻だったのです。今の世界記録はご存知、ウサイン・ボルト選手の9秒58です。誰もここまで記録が更新されるとは思っていなかったでしょう。

 

「本当は存在しなかった100m10秒の壁」は、意識、考え方が変わることによってできなかったものが本当にできるようになるということを如実に表しています。

 

誰でもみんな、それぞれ自分の壁を持っています。一部の世界級アスリートなどを除けば、そのほとんどは、その壁を自分で作ってしまっているのです。

世界級アスリートのそれは、今を生きる人間の限界ギワにいるので、間違いなく人間の壁となりますが、一般の人の壁の場合は、それとは全く違います。

何かに挑戦するかしないかの時、挑戦してもできなかった時に、できない理由や言い訳は即座に、そしていくらでも出てきます。でもそうではなくて、どうしたらできるかの理由を探した方がはるかに得なのです。

 

できない理由を出すのはかなり簡単ですが、その逆は簡単ではないのです。人間は易きに流れる生き物なので、ついついできない理由を探してしまいます。

そうすれば努力も行動もしなくて済みます。重い腰を上げずに済みます。しかし、どうしたらできるかを常に追い求める癖を付けると意外と「どうしたらできるか」が見つかります。

そうすればいくらでも出てくるできない理由と同じように、「どうしたらできるか」の理由もいくつでも出てくるようになります。

そうすると、そこにあったはずの壁はなくなってしまいます。

 

「人づきあいが得意でない...」という人がいたとします。いったい本当にそうでしょうか。

それはただ単に自分で勘違いしているだけではないでしょうか。単に自分の前に、「人付き合いが下手」という自分の壁を作ってしまっているだけではないでしょうか。

私も若い頃は自分のことを引っ込み自案で話下手、人見知りで...とずっと思っていました。

そして実際に赤面症でもありました。でも驚いたことに実際は違ったようです。単なる勘違い、自分で作ってしまった壁だったのです。

そしてそれがなくなって自然になると、とても楽になります。身構えるとストレスもたまり、健康にも良くありません。何かの理由で人前に出ることを躊躇しているのなら、その欠点を逆にわざとさらけ出してしまうのです。

そうすると、何とまあ不思議、周りの人たちから愛着を持たれ、好かれるようになるのです。

 

自分が持っている引け目や欠点とは、自分が勝手にそう思い込んでいるだけで、周りの人にとってみれば意外と何とも思われていません。

それどころか逆にかわいくて、愛すべき点となり得るのです。

傲慢は別です。

もし欠点があると思われるのなら、その欠点を時々、「あっ、わざとやってるな...」と思われるくらいに出すのがちょうどいいのです。

どんなに偉大な人でも、弱点・欠点は必ずあります。どんな英雄でもパーフェクトな人はいません。醜い点や醜い時は必ずあります。

その逆もしかりで、どんなにダサい奴にもかっこ良い一面が出ることもあり、どんなに嫌な奴にも良い一面が出る時があります。

でももし欠点が見えないと、尊敬はされても好かれません。

弱点・欠点があるからこそ人は好かれます。

万物に長短共にありで、短所だけのものはこの世に存在しません。

それに長所はひっくり返せば短所になります。短所はひっくりかえせば長所です。だからこそ神は好く対象ではなくて、敬う対象です。

川崎

広告
タグ: , ,
カテゴリー: ドイツの暮らし, 健康, 医療と健康

.com..?.eu..?.de..?ウェブサイトを作る時、(トップレベル)ドメインはどれにする?

仕事柄、ネットdeデュッセルも含めて数多くのウェブサイトを作ってきました。

自分の仕事のためのサイトもあれば、個人や法人のお客様から依頼されて作ったものもあります。

さて新しいウェブサイトを作る時、最適なドメイン(ウェブサイトアドレス)を考えて決めますが、そのドメインがまだ空いているかどうかが気がかりです。

メールアドレスの@マーク以下もそれと同じになるので大事です。

例えば会社の名前がABC社だった場合、www.の後はabcとしたいところ。

http://www.abc.何々です。

さてここで、何々(トップレベルドメイン)の所はどうしましょうか?

http://www.abc.com ?

http://www.abc.eu ?

それともwww.abc.de ?

これらの3つの内、どれが一番でしょうか?

私のお勧めは .de です。

昔は .com に人気がありました。

でも今は逆に .com だと怪しい感じがします。

いかがわしい国の多くの企業や、怪しい企業がこぞってそれを使っているからです。

では、.eu はどうでしょうか?

やはりあまりお勧め出来ません。

EUの中でも、東ヨーロッパなどで産業力が弱い国の企業がよく使うからです。

Made in EU みたいなものです。

さて、.de の場合、ドイツに住所がないと取得できません。

ドイツはEUを1人で引っ張っている(一人勝ちしている)ような、ステータスとなり得る国です。

製品信頼性もまだ高く、それこそMade in Germany みたいなものです。

ところで、www.abc.de というドメインが、今も空いているとは考えられません。

そういう時は、会社の所在地がドイツなら http://www.abc-germany.de などとします。

海外取引が多ければ、www.abc-international.de などでも良いかも知れません。

その場合、会社名が ABC International GmbHでなければならないということはありません。

そうであれば尚良いというだけに過ぎません。

会社が取り扱う商品が例えば靴である場合、www.abc-schuhe.de でも良いでしょう。

ドイツ語で靴を意味するSchuheの所は、shoes でも構いません。

取得するドメインには、普通会社の名称を含めますが、その場合に2つの観点があります。

1つは会社の名前を知っていて探した時の見つけやすさ。

もう1つは、会社の名前を知らないで探した時の見つけやすさです。

前者は顧客(既存客)さん向けで、後者は潜在客さん向けです。

だからそういう意味では、ドイツ国内用には http://www.abc-schuhe-germany.de あるいは http://www.abc-schuhe-deutschland.de

も良いと思います。

英語を重んじれば、www.abc-shoes-germany.de となります。

それでは長いと感じる場合は、私は次の方法を取ります。

ウェブサイトと直接繋げるのは http://www.abc-germany.de とします。

そして例えばその会社の商品の強みがスポーツシューズである場合、もう1つ、www.abc-sportschuhe-germany(あるいはdeutschland).de というドメインも取得してサイトに転送で繋げます。

あるいは次のそれぞれを全て取得します。

http://www.abc-sportschuhe-germany.de

http://www.abc-sportschuhe-deutschland.de

http://www.abc-sports-shoes-germany.de

さて、なぜでしょうか?

検索で引っかかりやすくするためです。

1つのドメインの料金は、月額で僅か1ユーロかそれ以下です。

微々たる金額なのです。

ドメインを10個取得しても大したことはありません。

そうすることによって、グーグルなどの検索で引っかかりやすくなり、検索した時に上位に現れるのはとても大事なことです。

ウェブサイトの基本機能で、キーワードを3つほど入れると見つかりやすくなる設定がありますが、それよりもこちらの方がより強力なはずです。

川崎

タグ: ,
カテゴリー: ドイツの暮らし, ビジネス, 通信郵便TVPC

悩ましい坐骨神経痛。あっという間に2年が経過…

坐骨神経痛を患って早くも2年が経ちました…涙。

患って間もない頃、インターネットで色々と調べてみると、短い人で3ヶ月、長い人で1年半となっていました。

ずっと患ったままの人という情報というのは見つかりませんでした。

そこで、「最長1年半我慢すれば大丈夫だ…」安心、たかをくくっていたのですが…涙。

ひょっとして、世の中には坐骨神経痛をずっと患って治らない人もいるのでしょうか…汗。

そんな時に朗報が入りました。

知人のドイツ人女性のご主人も、以前腰を痛めていたそうですが、その頃は会社を人に譲る頃で色々悩んでいたそうです。

やっぱり神経から来る?

と言うか、精神的に繋がっている?

私の場合も、2009年末のビジネス上のトラブルでへこんでから早9年。

元々ノホホーンとしているせいか、いきなりハゲてしまったり、毛髪が真っ白になったり、血尿が出たり、夜眠れなかったりはありませんでしたが、舌痛症というのにはなりました。

精神的に参った中年女性によく現れるそうですが、舌の先がピリピリと痛くなります。

日本では漢方薬もあるくらい知られている症状ですが、不思議とドイツのインターネットでは見つからず、町医者も大きな病院の医者たちも知りません。

症状が出てしばらくして我慢できなくなってきたので日本から漢方薬を送ってもらうものの、届いた頃に丁度治ってしまいました。

患ったのが自然なら、治ったのも自然でした。

そんなことから、この坐骨神経痛も精神的なものから来ていて、その内に借金のメドがついたら治っていたとなってくれることを切に願っています…

画像の赤丸部分が一番痛い辺りです。

川崎

タグ: , ,
カテゴリー: 老後, 健康, 医療, 医療と健康

進化が示す、健康法則 お釈迦様2

お釈迦様は、約束はしなければしないほど良いというようなことも言ったそうです。

約束というのは将来のこと。将来は何が起こるかわかりません。

つまり約束をすればするほど縛られてしまうことになります。

約束は果たせて初めて100点満点ですが、それで当たり前です。

どんなに頑張っても最高点で、しかもそれで普通。ところがそれができないと嘘つきになってしまいます。

何が起こるか分からない将来の出来事に対して、今の時点で決めてしまえば守れない可能性が出てくるのは当然のことです。

さすがお釈迦様ですが、約束や有言にはそういった理由で本当はかなり高いリスクがついてまわるのです。

有言実行は良いことですが、無言実行は楽です。

ところが有言不実行は単なる嘘つきになってしまいます。

誰でもついついその場、その場の格好を良くするために、自分のできる最大限のことを言ってしまいます。

だから約束をしなければいけない時は、精一杯余裕を持たせることが大切です。

あるいは約束をしないのが一番です。

安請け合いは、自分の信用を落としてしまうリスクなのです。

リスク大です。最小限くらいを言った方が良いのです。

 

例えば、人との待ち合わせに向かっていてどうしても遅れてしまうとします。

遅れを伝える連絡で、余裕を持たせた時間を伝えるということはなかなかできません。

あと20分くらいで着ける所へ行く場合、人が待っているから長く待たせる印象を与えてしまっては悪いと思って、良くて20分、へたをするとついつい「あと15分くらい」とか言ってしまわないでしょうか。

そこで30分と言える人はめったにいないと思いますが、30分と言っておいて20分で着ければ好印象を与えられます。

20分で行ける所に20分で到着できるのは、数多くある可能性のうちのベスト、最高点の時のみです。

ワーストである、行くことができないとの間には、20分、25分、30分、40分…等、いろいろな可能性がありますが、20分が一番難しいのにもかかわらず、15分などと言ってしまうのです。

 

同じように、やりもしないこと、できもしないことをやる、できると、ついつい口に出してしまいます。

安請け合いです。

話しをしている時点では簡単に思えてしまい、しないこと、できないことをついつい「する」、「やる」と口に出し、その場では良い印象を与えられますが、あとで実行しなければただの嘘つきです。

約束をしたわけではないという言い訳があるかもしれません。

でも言ったことをやらないのは嘘つき以外の何でもありません。

そういうことが続くと自分の信用を落としてしまいます。

川崎

タグ: , ,
カテゴリー: ドイツの暮らし, 健康, 医療と健康

デュッセルドルフに住む約100匹の野生(?)のパパガイ(オウム) 2

その1で、鳥の種類の説明のボードが見にくかったので…
オーストラリアの黒鳥(悲しみの白鳥)、グレーガチョウ、カナダガチョウ、北米のマゼランガチョウ、北極圏の修道女ガチョウ、シリビアノや北米、イギリス諸島の雪ガチョウ、バハマ鴨、中央アジアのツクシ鴨、アメリカ、南カナダのアメリカオシ、チリのハマキ鴨、ヨーロッパのアカハジハジロ、中央アジア、北米のハシビロ鴨、東アジアのマンダリン鴨、トロピカルアメリカのトルコ鴨…などなど、その名をあげていくときりがありません。
これらの野鳥(と言えるでしょうか?)が、オペラハウスの裏手の池や公園で餌をもらえるので、人間から逃げずに呑気にしています。
逃げないどころか、人間に寄って来ます。
小さなお子さんを連れていたら、子どもは大喜び。
是非一度、見に行ってみて下さい。
川崎
タグ: ,
カテゴリー: ドイツの暮らし

日本の司法は超いいかげん…

再び、虎ノ門ニュースで驚くべきことを知りました。

(日本だけ?)裁判所では、特に検察から持ち込まれた案件について、検察・原告が正しいか、弁護側・被告が正しいかが見極められるのではないそうです。

検察が、被告を訴えるのにストーリーを組み立てるそうですが、裁判官はそのストーリーの組み立てが間違っていないかどうかが見られるそうです。

だからこそ、検察から訴えられると99,9%負けるのが決まっているそうです。

特に地裁や高等裁判所では…

地裁や高等裁判所では、裁判官は自分の昇進がかかっているので、どうしてもそうなってしまうそうです。

何ということでしょうか…

この世にそんなことがあって良いものでしょうか…

DHCの虎ノ門ニュースは、時間が経つとユーチューブで削除しているみたいなので、ちょっと古いこのニュースは残念ながらもうありません…

川崎

タグ: ,
カテゴリー: ドイツの暮らし, 日本、日本人について, 時事

『ゴミを拾う人は捨てない』

鍵山さんの本日のメッセージです:

 タバコの吸殻を捨てたからといって、急に人生が悪くなるわけではありません。

だから無神経に捨てる。その考え方が問題です。

 捨てる人は捨てる一方。

捨てる人で拾う人はまずいません。

反対に、拾う人は捨てません。

この差は年月がたてばたつほど大きな差となって表れます。

人生は、こうしたことの積み重ねですから、無視できません。

(PHP研究所:鍵山秀三郎「一日一話」より引用)

本日のメッセージより…

川崎

タグ: ,
カテゴリー: ドイツの暮らし, 文化, 日本、日本人について
  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ