名を名乗れ!

以前、法人向けドイツ進出相談コーナーで質問が入った時のことです。

ドイツでビジネス経験ゼロの日本人から質問が入りました。

地理的な関係からそれを知人に回しました。

質問が数度あった後、回答者が相手の名前を聞きましたが、それっきりコンタクトがなくなりました。

無料なためか、匿名で気軽に聞いてくるものの、いざ素性を聞かれると消えてしまうというものですが、実際にそういうことが良くあります。

素性を知られずに無料で質問をしてくる...

同業他社でしょうか?

でもそんなことをしているサイトを他に知りません。

恥ずかしいからでしょうか...

それは今の日本の傾向なようでとても心配になります。

特にネット上でのことで、みんながみんな、匿名になってしまいつつあるように感じます。

誹謗中傷の対象になってしまうから...とか、犯罪に利用されてしまうから...とか、理由はいろいろあるようです。

でも問題なのは、悲しいかな、人間には誰にも善悪両面が備わっていて、性善説・性悪説のどちらかだけでは解決しないことです。

誰でも両方が複雑にからみ合っています。

人間なら誰でも匿名であるのをよいことに、不必要なことを書いてしまいます。

かと言って、ネット上で自分の名を名乗れば、それが世界中に見られてしまいます。

匿名であればこそ書けることも書けなくなってしまいます。

ドイツではウェブサイトを作る場合、Impressum というページを作る義務があります。そこにそのウェブサイトの製作者の詳細を明記します。

そうすることによって、いかがわしいサイトや詐欺のサイトを作ることが防げます。

いかがわしいサイトや詐欺のサイトを作る人は、そういうImpressum のページを作れないからです。

ドイツは意外と個人の情報が守られている方です。

それゆえに先日のGermanwings の飛行機事故(*)も起きました。

それでもImpressum の義務があり、ドイツ人は普通インターネット上でのコミュニケーションでも、インターネットの投稿ページでも本名を名乗ります。

さすが自己主張の国です。

それが今の日本では、メールアドレスを自由に作れるので、どのメールアドレスが誰なのか分かりません。

よって、悲惨な誹謗中傷も出れば、犯罪も可能です。

実はその昔、日本の銀行では架空の名義で口座を開くことができました。

今では考えられないことです。

それでもネット環境は無法地帯です。メールアドレスも、銀行口座同様にどこの誰なのかがすぐに分かるようにしたらどうでしょうか?

そうすれば誹謗中傷や犯罪が減ると思うのですが...

そこでこれからは私もその都度直接名を名乗ることにしました。

今まではちょっとその先を見れば分かるようにはなっていましたが、これからは直接明記します。

元々私は引っ込み思案で意気地なし。

実際に子どもの頃は赤面症でもありました。

とにかく表に出るのが嫌い。

今の私を知る人は信じませんが…笑。

実はネットdeデュッセルの駄洒落コーナーでは、その投稿のほとんどが私からなのですが、それでは呼び水にならないからと、複数のペンネームを使っていました。

でもそれもやめました。

仲間から指摘されたからです。

「あなたは自称匿名撲滅会会長などと言っているが、自分では匿名を使っているではないか」と。

「えっ? この私が匿名?? まさか???」

駄洒落コーナーですよ」

「えっ? あっ! タラ~(汗)、本当だ…」

言ってやらない最低の例でした…

何とかあのコーナーを盛り上げようと、ひとり数役で頑張ったのですが、そのことに自分でも気がついていなかった…(← 超いい訳。今は佐藤さん他が頑張ってくれています…)

自分の名前を出すわけにはいかず、質問をするなどのケースを除き、自分から進んで何かの情報を発信する以上、その情報に対して責任を持つためにもやはり名を名乗るべきだとつくづく思いました。

* 助手パイロットがウツ病患者で、医者がその情報を外に出さなかったため、飛行中にチーフパイロットがトイレに行った際に、コックピットで中から鍵をかけてチーフパイロットを入れないようにして飛行機を墜落させた事故。

川崎

広告
タグ:
カテゴリー: ドイツの暮らし

出る杭(日本・日本人)は打たれる

慰安婦問題、南京虐殺、朝鮮人強制連行、捕鯨にイルカ漁などなど、日本はいつも叩かれています。

それらの影響は、日本ファンドイツ人にも及びます。

いえ、日本ファンドイツ人だからこそでしょう。

普通のドイツ人はそんな日本の問題を知りません。

日本ファンのドイツ人は普通、南京虐殺をナチのユダヤ人虐殺と同じだと本気で思い込んでいるのです。

日本人が南京虐殺を否定したら、それはドイツ人がユダヤ人虐殺を否定するようなもので、歴史修正主義だと言います。

でも普通は歴史って、戦争に勝った国が作ります。それが正しいか否かは別問題です。

勝田何とかという人が、当時の南京に関して嘘の本を出していて、それがドイツ語訳で出ているので、ほとんどの日本ファンドイツ人はそのことを信じています。

世に出回る本に書かれていることは全て事実ではないということは、意外と普段、誰も疑いません。

つまり、「言った者勝ち」ならぬ「書いた者勝ち」です。

追い討ちをかけるのは、日本人の国民性です。

自己に有利な発言や否定をしません。でもそれは西洋では通じません。

嘘に対して堂々と否定しないと、その嘘が本当だと思われてしまいます。

ドイツ人の場合、どうあがいても免れようのないホロコーストの問題があります。

そういう時、何かのきっかけでファンになった日本にも南京問題があるのとないのでは、どちらがより親しみが持てるでしょうか?

人間誰でも、自分が最初に得た情報を優先します。

それが自分自身の情報、つまり身体の一部にからです。

その後に食い違う情報が現れて、それが自分の持っている情報(身体の一部)とは違う場合、どうしても拒絶反応を示してしまいます。

大成功しているGHQのWGIPにも似たようなものがあります。

昨年、南ドイツのFreiburgに慰安婦像が建てられるという話しが出ました。

あるいはそれはもう建っているのかも知れません。

その時に知人が心配して連絡をしてきたので次のように答えました。

「大丈夫です、ご安心下さい。そういう行為は自分で自分の首を締めるだけです。」

これは自然の法則で、何かの理由で何かの力が加わると、今度はそれを戻す力が必ず発生します。

誰かが慰安婦問題を取り上げ、それを誇張し始めると、必ずそれを止めようとする動きが生まれます。

もしFreiburgに慰安婦像が建てられると、必ずそれに反対の動きが出ます。

Freiburgでの慰安婦像建設が成功してもしなくても、それが良いことならばそれは永らく見守られるでしょうし、そうでなければ慰安婦側の人たちが恥をかくことになるのです。

実は慰安婦問題は非常に簡単なお話です。そのコアとなるのは、日本軍が従軍慰安婦に関与したかどうかです。

日本軍が、朝鮮の女性を無理矢理慰安婦としてさらって連れ回したかどうかというお話です。

ちょっと考えてみれば、それはあり得ないお話であることにすぐに気が付きます。

20万人もの従軍慰安婦を何々… という場合、その数字が問題にされることがありますが、そうではありません。

まず基本的な問題として、一部の心無い軍人ということなら分かりますが、日本軍となると、それは国を意味することになります。

国がそんなことをできるでしょうか?

国は決してそんなことをしませんし、出来ません。

国は逆に、一部の軍人にそういう悪者が出ると罰する立場になります。

ロジックが成り立っていないのです。

そして一部の心無い軍人は、残念ながらどの軍にも存在します。

人間がいるところに泥棒ありと同じです。

先の戦争で日本は強過ぎました。

世界で最も強大な大国アメリカには勿論敵いませんでしたが、抵抗力が強過ぎました。

しかもアジアでほぼ唯一、それまで西洋人に植民地にされずに独自していました。

強過ぎる抵抗は、窮鼠猫を噛む時の弱者と強者のように相手を怖がらせてしまいます。

すると弱者に対する強者の仕打ちにはますます拍車がかかってしまいます。

それがWGIPにつながります。

そこに日本人の本来は従順な国民性があるので、多くの人が洗脳に染まってしまいました。

つまり、自虐史観に染まってしまった人たちこそが、私が好きな愛おしい典型的な日本人なのです。

川崎

タグ: ,
カテゴリー: ドイツの暮らし, 日本、日本人について

ブログを書くのがやめられない理由…

「貴ブログはいつも感心して読み砕いています。特に健康のテーマは身にしみて、そうだ、そうだ、と納得することが多いです」

と、メッセージをいただいたことがあります。

残念ながら、ブログサイトでの投稿ではなくて、メールだったので私しか知らないメッセージでした。

お世辞であることも、百も承知です。

それでも私は褒められると木に登ってしまう豚タイプの人間。

先日も、ある集まりで、私のブログを読んで下さっているという女性に会いました。

その方も、ドイツ人と結婚していてドイツに長いそうで、私の書く内容がよく理解できる(?)そうです。

少し話し込むことになり、最後にはどちらからともなく、初対面なのにハグで終わりました(笑)。

これが、ブログをやめられない理由です。

川崎

タグ:
カテゴリー: その他

口は災いの元

先日のブログで、子を作るのは人間(生き物)の使命と言って、子どもがいない年配の女性の反発をかったり…

流暢な日本語を話す、ウクライナの女性に、「飛行機でウクライナに夜到着すると、う〜、暗いな〜…」と言ってしまってから、気が付いて慌てて…

ドイツも暗いんですよね…

日本人はバカったれでエネルギーを節約せずに灯を煌々(こうこう)とつけますし…

というフォローを自分でしてみても後の祭り…

どうも私は一言余計なようです。

口は災いの元…

川崎

タグ:
カテゴリー: その他

40代から寿命を縮めないために何を食べるか…

という題は、2018年4月21日の週刊ダイヤモンドのオンライン情報です。

走り仲間且つ駅前掃除活動仲間でもあるひとりから教えてもらいました。

教えてくれたきっかけは、私の「進化が示す、健康法則番外編、一介の庶民がたどり着いた、健康に良い歩き方・走り方の結論を、ハーバード大学の博士が裏打ちしてくれた!」 というブログでした。

さてその週刊ダイヤモンドのオンライン情報に何が書いてあったか…

ジャ、ジャ、ジャーん! 何と!

40歳を過ぎたら
「食前キャベツ」を始めよう

です!

私のブログを読んでくださっている方なら、耳にタコができるほど… いや、違った、目に??ができるほど出てくるキャベツ。

キャベツがお勧めだそうです。

題名の所がリンクになっていますので、興味のある方は飛んで見てください。

川崎

タグ: , ,
カテゴリー: ドイツの暮らし, 健康, 医療と健康

元気で長生きの秘訣、ピンコロ123

走り仲間兼掃除仲間から、とても興味深いサイトを教えてもらいました。

日本人(先進国はどこでも?) の100歳を超える人の数がどんどん増えている…

1963年(昭和38年)には、その数は全国で153人だったが、1981年(昭和56年)に1000人を超え、1998年(平成10年)には1万人を超えた。白寿を超えることは、昔よりも珍しいことではなくなってきている。

中略

中には、100歳超で100メートル走の世界記録を持つ人さえいる。このような人たちの暮らしを見ると、健康のまま寿命を全うすることは不可能ではないことがわかってくる。

そして2016年、何と6万人を超えたそうです。

その理由は?

医学の発達もあるでしょうが、そう言うと、寝たきり延命のイメージが湧いてしまいます。

そうではなくて、100歳までピンピンを心掛けたいです。

マスターズ、100m走の世界チャンピオンの日本人おじいちゃんのビデオは見たことがあります。

(その内に、100歳の人におじいちゃんと言えなくなる日が来るかも…)

そして同じようにマスターズ水泳の高齢クラスでは、1人飛び抜けた日本人女性が活躍しています。

実は私もそれを狙っています。

このお話し、すでに読んで知っている人は繰り返しになるのでここでストップして下さい…

実は私、約半世紀後の世界一を狙っています。

マスターズとは、陸上競技や水泳などのオジン、オバン向けのオリンピックみたいなものです。

水泳のマスターズの場合、日本は18歳からで、国際的には25歳からあるので、オジン、オバン向けという表現は不適切かもしれませんが、上は100歳のクラスとかがあります。

5歳ごとに年齢別でクラスが分かれていて、私のようなオジン、オバンが元気に参加しています。

http://www.masters-swim.or.jp/about_10rules.php

下は各国の地区戦、そしてナショナル大会があり、一番上は世界戦です。

以前、100歳クラスの100m短距離競争の世界チャンピオンが日本人のおじいちゃんで、砲丸投げも特訓中というニュースが出たので見た人もいるかも知れません。

マスターズに興味を持ったのは、何年か前に水泳に凝って個人レッスンを受けた時です。

健康のために泳ぎ、自己流でクロールのタイムを縮めてゆく練習をしていたのですが、1kmを泳ぐのにどうしても19分を切れません。

1kmを19分というのは、本格的に泳ぐ人たちにするとかなり遅いペースです。

元々色々なスポーツをかじり、スキー他、ある程度のレベルまで自己流でたどり着いたのですが、上手い人に教わると、グ〜ンと伸びることも知っていました。

そこで水泳を教えている人を新聞で見つけて習いました。水泳の個人レッスンです。

うちの子どもたちに水泳を習わせいたのですが、その待ち時間を利用して同じプールで個人レッスンを受けたのです。

その結果、僅か週に一度一時間程度、数ヶ月の間教わるだけで、簡単に19分を切るどころか、18分も切れるようになりました。

その先生からマスターズの存在を聞いて知ったのです。

その先生自身もドイツマスターズには何度か出たことがあるそうです。

参考までに世界マスターズの出場条件タイムを見てみると、今の自分が精一杯泳いだタイムが、何とか参加にはギリギリセーフ。

トップたちのレベルを見てみると、現在の自分のベストタイムと85歳代と同じタイム…汗。

つまり、今の自分のベストタイムは、マスターズ水泳世界大会では、85歳代のおじいちゃん達が叩き出しているのです…汗。

今のベストタイムをあと30年もキープするの(汗)?

85歳というと、早い人はもう亡くなっているし、遅い人でも普通はどんなに頑張ってもおじいちゃん、おばあちゃんです。

そういう人たちが、今の自分がめちゃくちゃ頑張って泳いだタイムと一緒?

唖然です。

一体どうやって(笑)??

でもその先生から耳寄りな(?)お話を聞きました。

その先生が実際に見た、あるドイツ水泳マスターズの90歳クラスか何かの大会のお話で、ヨレヨレのおじいちゃんが優勝しました。

そこで思いつきました。

長生きだ!

寝たきりでは無理だけど、ピンコロ(*)高齢だ!

ピンコロ123にオススメの1つ、ジャグリング。

前回はカスケードと呼ばれるものでしたが、今度は同じボール3つでシャワーと言われるものです。

* ピンピンコロコロの略。高齢までピンピンとしていて、ある日いきなりコロっと逝ってしまうこと。

つまり例えば、自分がもし110歳くらいまでピンピンしていられたら、水の中では何とか泳げてゴールすれば、周りはみんな既にお墓の中か寝たきりなので、世界一も夢ではないという発想です。

長寿国として世界一の日本人には大きなチャンスが!

川崎

タグ:
カテゴリー: スポーツ, ドイツの暮らし, 老後

外国人が驚く日本人の秩序

日本に来る外国人観光客が驚くことがたくさんあります。

何と言ってもそのナンバーワンはウォシュレットのようですが、他にも数え上げたらキリがないほどあります。

ドイツで見かけたこの標識で思い出しました。

日本のエレベーターで自然に左右に分かれて形成される、立ち止まり組と歩き続け組。

ドイツではこのように標識があります。

日本には標識などはなく、暗黙の了解で(?)この作法が自然に行われています。

この標識を滅多に見ることはありません。

これは展示会場で見つけました。

多分こちらでは、東京や大阪のような人混みはないので不要なのでしょう。

でも展示会場ともなると別です。

以前、日本に来た外国人がポジティブにエレベーターの上の日本人の秩序に驚き、褒めていました。

東京と大阪の違いを知ったらもっと驚くことでしょう。

東京と大阪でどうして左右が入れ替わるのか、もし知っている人がいたら教えて下さい。

川崎

タグ: ,
カテゴリー: ドイツと日本の違い, ドイツの暮らし
  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ