デュッセルドルフの町のど真ん中に、100匹以上ものオウムが住んでいるのを知っていますか?

デュッセルドルフのオペラの裏手、Hofgarten の池とそ

の周りには、オウムに限らず「ドイツにこんな鳥がいるの?」と思うような鳥がたくさんいます。

オウムだけでも100羽以上いるそうです。

見たことありますか?

いつも木々の上の方にいるので、特に葉がしげって空を覆う春~秋は滅多に見れないそうです。

でも冬の間なら葉が落ちているので、根気よく上の方を見ていると見つかるそうです。

日中はHofgartenで過ごし、夜になるとケーの

方の木々に移るそうです。

つまり、一年中デュッセルドルフに住んでいます。

他には、黒い白鳥(だったら黒鳥?)、カナダ鴨、

などなどがいます。

渡り鳥として、たまたまここデュッセルドルフにやって来たのではなく、60年前頃に各地から飛行機で連れて来たそうです。

オペラの左裏手の池のほとりに、餌を与える場所があります。

そこには小屋があり、市の職員が毎日小屋から取り出した餌(乾燥コーン)を鳥たちに与えています。

以前は、その餌はそこに設置されていた自販機で販売されていて、市民が

買って

は鳥に与えていたのですが、中に売り上げがあるので不届き者が自販機を壊してお金を盗むので、撤去されてしまいました。

鳥たちにパンを与えている市民をよく見かけますが、栄養が偏るので、パンば

餌を与えること自体が、自然に生きている(と思っていた)鳥たちの生存可能率(? つ

まり生き延びられる可能性)を下げてしまうので、「如何なものか…」と思っていましたが、あそこの鳥たちは、自然の中に生きているのではなく、完璧に養殖みたいなものでした。かり与えて欲しくないそうです。

あそこにいる鳥たちは、完全に人間のペットになってしまっているわけです。

だから近ずいても逃げません。

それが良いことなのか、悪いことなのか…

川崎

広告
タグ: ,
カテゴリー: ドイツの暮らし

進化が示す、健康法則

すでに起こってしまったことはどうにもなりません。

歴史に、“if”という言葉は意味のないことだとはよく言われますが、こればかりは神様でさえもどうにもなりません。

過去は神様でも変えられないのです。

だとしたら、過去のことについても、どうこう考えても意味がないことです。

反省の材料にして、将来似たケースが出た時に反省を生かしましょう。

それでおしまいです。

どういう結果が出てくるかの想像と同じように、なるべくそのことを考えずに少しでも早く忘れるのが一番です。

 

反省は良いのですが、後悔は良くありません。

何か思い通りの結果が出なくても、それをいつまでも悔やんで後悔しても、一番損をするのは自分自身です。

さらにはそのことで周りにも心配と迷惑がかかります。

これほど無意味なことはありません。

さらに良くないのはその責任を外に求めてしまうことです。

これは自分の人生を投げ出して他人任せにするようなものです。

 

過去、現在、未来の内、過去は神様でもどうにもなりません。

そして未来は神様にしか分かりません。

 

ではたった一つだけ残った、自分にもどうにかなるのは何でしょうか。

 

そうです。今現在だけなのです。

 

つまり今現在のことを精一杯考えて行動するのが一番良いのです。

ポジティブシンキングも現在のことと、過去のことに対してだけです。

神様にしか分からない将来のことや、神様でもどうにもならない過去のことを、我々のようなちっぽけな人間がいくら考えても意味がありません。

 

過去について究極して言うと、何か悪い結果が出てしまった時などに、その責任を全て自分に求めてみると、全てが丸く収まり楽になります。

人とのイザコザも出ません。

ことが思った通りに進まなかった時、それを全て自分のいたらなさのせいにしてみてください。

「クソ~!」と腹が立った時に、「では誰が悪いの?」と心の中で聞いてみてください。

そうすると、「自分が悪い…」という答えが出てくるはずです。第一、腹を立てて損をするのは自分自身です。

 

今、自分がしようとしていることが良いことなのか、悪いことなのかの判断が難しい場合に、それをやさしく判断できるようにする方法があります。

その行為をその方向で何倍にも膨らませてみればよいのです。

例えばタバコの吸殻のポイ捨てです。

一見すると、「自分ひとりがここでタバコの吸殻をたったひとつ捨てても大丈夫…」というケースの場合、ではそれが10本だったらどうか、100本だったらどうなるか、と考えてみるのです。

あるいは、灰皿にたまったタバコの吸殻を道に捨てられるかどうか。そのように考えれば答えは簡単に出てきます。

 

地球上に生きているのは自分ひとりだけはないので、それを増幅してみればよいのです。

1人1円ずつ集めると、地球人全員から集めれば70億円です。

毎日ひとりひとつのゴミを拾う行動が伴えば、それだけで地球はかなりきれいになります。

川崎

タグ: , ,
カテゴリー: ドイツの暮らし, 健康

へそ曲がりは、夫婦喧嘩の原因も作る…

ヨーロッパで展示会を視察していると、時々若くて綺麗な女性が時にはセクシーな格好でビラを配っています。

そうした時に、へそ曲がりの私はついついひねりたくなります。

ビラをもらっても、すぐにゴミ箱行きなのでもらいたくないし、かといって受け取るのを拒むのも気が引けます。

さて、それではどうするかというと、ビラを差し出す相手の手首のあたりを両手で軽く持ち、「こちらの方がよりいいのですが…」と言います。

「I prefer this one…」

つまり、「あなたが配っているビラなんかより、あなた自身の方がいいです」

というわけです。

それでは一目惚れの愛の告白みたいになってしまうので、勿論ジョークなのですが、これをやると前述の2つの目的を達成できます。

1) ビラを受け取りたくない。

2) でもむげに断りたくない。

大抵、相手はあっけにとられて、私にビラを渡したかどうかなどは忘れて別れることになります(笑)。

人間誰でも人に見込まれれば嫌な気はしないという背景に基づいています。

実際に、今までこの方法で嫌がられたことも、それでもビラを受け取らされたこともありません。

大概の場合、「いや、これ(私自身)はダメ」という態度に出ますが、まんざら嫌そうではありません。

私にはその癖がついているので、先日家族でメアブッシュの和食レストランに食事に行った時の帰り際に、開店祝いのお土産をくれようとした日本人女性(ウェイトレスさん)に同じことをしました。

すると、ボスからこっぴどく怒られました。

女性の体に触れるのは、私にとっては御法度中の御法度なのでした…汗。

ところでこれって、セクハラになるのでしょうか?

川崎

タグ:
カテゴリー: イベント, ドイツの暮らし, 文化, 日本、日本人について

ヨーロッパ人と交渉するために日本人が知っておきたいこと

世界一安全な国である日本で生まれ育った日本人が海外に行くと、頻繁に盗難の洗礼を受けます。

日本人にしてみると、その早業はもう鮮やかとしか言いようがありません。

どうやってあのシーンで、あのタイミングで盗むことができるのだろうか?

手品としか思えないのです。

そこで海外に出たら日本にいる時とは違い、貴重品を目に見える肌身から離さないことが必要です。

肌身から離さないだけでは不十分です。

視覚と触覚の両方をフル活用させる必要があります。

例えば背中やお尻のポケット。

肌身に付いてはいても、ぶつかったふりなどのちょっとした接触行為で簡単に騙されてしまいます。

そこで視覚によるチェックも欠かせません。

西洋の犯罪組織から見ると、犯罪に対して温室から出てきたようなノホホ~ンとした日本人は絶好のカモです。

しかも日本人の場合は被害に遭う前だけノホホ~ンとしているのではなくて、いざ犯罪が途中で発覚しても騒がない、世界で最もおとなしい国民性というのが狙われてしまう理由です。

ドイツで一番多くの日本人が住む町、ここデュッセルドルフの日本人街でも毎日のように日本人の被害者が出ています。

運が悪ければ時には怪我をする被害者もいます。

世界の中でダントツに安全な国から、その日本の常識で海外に出れば、潜水スーツを着用せずにクラゲがウヨウヨいる海に飛び込んで体中を刺されてしまうようなものです。

ビジネスでも似たようなことが言えます。

謙虚を美徳とする日本人が、利己主義のまかり通る西洋に出てそのままビジネスをすれば、怪我だらけとなるのは必至です。

ドイツでは、小学校から自己主張を叩き込まれます。

どんなに試験の点数が良くても、活発に手を上げて発言しないと良い成績をもらえません。

そこで必要以上に自分を良く見せる技が鍛えられます。

ビジネス以外でも日本人がドイツに住むと気が付くのは、運転マナーなどで現地の人たちの自分勝手が多いことです。

譲り合う国民性の日本とは違って争いごとも多く、その仲裁を行う弁護士の数も多いことです。

日本では、約4.500人に1人の割合で弁護士が存在し、ドイツでは約560人に1人、アメリカは約30人に1人。(詳しくは別編をご覧ください)

つまり、西洋人と日本人とでは、受ける教育からして異なっていて、大人になる頃には大きな違いができています。

西洋人が商談をする場合、当然のことながら自分の得になる「Take」を主張して、「Give」の方は実際には大したことがなくても「あれができる」、「これができる」と大げさなことを言います。

人の採用の面接の時など、相手が日本人の場合なら「何々が少しできます」という場合はかなり期待できますが、ドイツ人の場合は大したことはありません。

西洋では色々なビジネスシーンにて、自己の利をどんどん主張してきて相手のことなどはお構いなしです。

それに対して日本人は、ついつい相手のことを気遣ってしまいます。

日本の首相が外交で「相手が嫌がることはしない」などとなってしまう所以です。

そんなことでは例えば相手が中国だと、尖閣諸島どころか沖縄、そしていずれは九州なども取られてしまいかねません。

販売代理店契約締結交渉において、相手はまず間違いなく最初からエクスクルーシブを要求してきます。

自分のところは業界の中でも力があり、製品を紹介してプロモーションを行うのだから多大なコストがかかるが、相当な効果が得られるというような自己主張は小学生の時から叩き込まれています。

そこで日本人はすぐにそれを信用してエクスクルーシブを与えてしまったりします。

テスト期間を設けたり、他の代理店候補数社と根気良く比べてみるということは、時間がかかるからとか、手間がかかるからとかいう以前に、相手に対して失礼だと思ってしまうのが日本人なのです。

特に弱いのは関西以外の日本人ではないでしょうか?

関西人にはまだ値切り交渉という習慣があるので西洋に来てもある程度は通じるかもしれません。

値切り交渉と言えば、中東などの青空市場では値切るのが当たり前なので、もしそこで日本人が最初の言い値で買ってしまおうとすると、値切り交渉の醍醐味、面白さが無くなってしまって相手は怒るほどです。

結論を言うと、海外経験のない人間が、海外とのかかわりを持たざるを得ない首相や外交官になるのはもってのほかですが、同じようにそういう人が海外営業の職に就くというのは問題です。

海外の事情をきちんとわきまえていないと勝負にならないのです。

川崎

タグ: , ,
カテゴリー: ドイツ、ドイツ人について, ドイツと日本の違い, ドイツの暮らし, ビジネス, 日本、日本人について

ひねくれ者のレスキュースイマー

今年も、ドイツの小学生3クラスの水泳の授業でボランティアのレスキュースイマーをしています。

ひとクラスの水泳の授業の生徒数は約30人。

先生は1人だけなので、30人を同時に注意しながら見ていることはできません。

教えている最中にもし溺れる子が出たら、すぐに飛び込んで助けるのが役割です。

でも結構みんな泳げるので、「一体、私の出番はあるの?」といった感じがします(笑)。

但し油断は禁物で、いざという時にはとっさに行動しなければなりません。

保険といった感じでしょうか…

ところでこの写真、勝手に写しました。

前もって聞けば、父兄とのことがあるので…等、今日(こんにち)では色々なシーンでほぼ撮影は許されないからです。

それをあえて撮影して出しています。

この時は、タイム計測を行ったので、そのついでに撮影しました。

ダメと分かっているのになぜ?

へそ曲がりだからです。

へそ曲がり、ひねくれ者、天邪鬼?

人が、「それはしない方がいい…」と言うと、ついついやりたくなります。

そして同じように人が「それはやった方がいい」と言われると、やる気が失せます…笑。

この写真も、このレベルの画質でここに出しても全く問題がないのが分かっているから出しています…笑。

ではなぜ前もって聞くとダメなのでしょうか?

心配だからです。

考えたり、確認するより禁止した方が楽…笑。

以前、うちの子供の誕生会で友だちが何人も家に集まりました。

前はその様子を写真に撮って印刷し、集まった人数分だけ焼きましていました。

そして各子ども向けに画像を選択、編集してコメントを入れていました。

でも、その内にもっと良いことを思いつきました。

動画で撮ってユーチューブにアップする方法です。

その方が、手間も時間も紙代もかかりません。

その方法だと、子供たちが楽しく過ごしている姿が一目瞭然です。

さてそうしたら何が起こったでしょうか?

一部の父兄からは、勿論喜んでもらえました。

そう言う場合、ドイツ人は日本人と比べて「本音と建前」が少ないので便利です。

でも、あるご両親から意外なことを言われました。

「Wir sind unglücklich…」

日本語に直すとしっくりくる表現がないので、英語で言うと「We are unlucky」になります。

私たちは不満足…

なぜでしょうか?

分かるでしょうか?

娘の姿がインターネットに出ると、誘拐犯などから狙われる可能性が出るからだそうです…

名前や場所、住所などの情報は一切ありません。

万が一、その動画を見た、ある誘拐犯がその娘さんを気に入って誘拐したくなったと思います。

一体どうやってそれを実行に移せるのでしょうか?

しかも、その娘さんがとびきりの可愛い子ならまだ話しは分かりますが、どちらかというと…汗。

(ポーカーフェースで)呆れてしまいました…

別な例は、以前ある人がとても心配だからとフェースブックをやっていませんでした。

そこで、「心配な情報は出さなければいいんですよ」と言いました。

その人は今では自撮りのアップの顔写真をしょっちゅう上げています(笑)。

あるいは、以前ドイツを含めたヨーロッパでテロ事件が続いた時、日本のお客さんから聞かれました。

「今ヨーロッパはテロ事件が多いので、行かない方が良いでしょうか?」

その時の私は…

「飛行機が落ちる確率はゼロではありません。でも皆さん乗ります」

と、お答えしました。

その意味は分かるでしょうか?

分かると思いますが、念のために書いておくと、ヨーロッパでテロが頻繁に起きている現在(少し前)でも、自分がその被害に遭う確率はどの位でしょうか?

という意味です。

特にもし人が多く集まる場所に行かなければ、その確率は乗った飛行機が落ちるより低いのでは?(計算、検証していない単なる想像です)

そのお客さんが来てくれないと、商売にならないという状況でもありませんでした。

むしろ、アフターサービス的なものだったので、来ていただかない方がこちらとしては楽です。

そしてさらに、どんどんずれますがもう1つの例です。

15年程前に日本に行った時、伊豆に行く電車の中での出来事です。

我々夫婦が乗った車両には、もう一組別の夫婦が乗っただけのガラガラ状態でした。

2組の夫婦の距離は前後で約数席。

日本では、電車の中での電話はタブーということは重々知っていましたが、かかってきた電話の相手はヨーロッパのお客さん。

数席離れていましたが、さらに数席遠ざかって電話を取り、受話器の部分を片手で押さえて小声で話し始めました。

その時です。

何席も離れて座っているご夫婦のご主人が、聞こえよがしに大きな怒声で言いました。

「じょーしき、ね~な~!」

そして別の車両に移って行ったのです。

どう考えても、声さえ聞こえないレベルです。

念のために家内に確認すると、「変な人じゃない?」とのこと。

つまり、彼にとっての問題は、車内で電話をすることによるうるささではなくて、車内で電話をするという行為自体がダメなのです。

自分の頭でちゃんと考えていない…

なぜ、電車の中で電話をしてはいけないのかということを…

電話がうるさいと、他の人に迷惑がかかるからではないでしょうか?

「節電!」と言うと、それが手段ではなくて目的になってしまう人もよくいます。

どうしてこう、世の中、自分の頭でよく考えずに、周りから与えられた条件だけで単に従ってしまう人がいるのでしょうか?

川崎

タグ:
カテゴリー: スポーツ, ドイツの暮らし, 日本、日本人について

進化が示す、健康法則。 ピンコロ1、2、3、その4?

テレビの番組で、100歳を越えてもピンピンした方々が、毎回ひとりずつ登場してインタビューを受けるというものがありました。

登場する100歳以上の方々からアンケートを取ると、その答えに共通点が見られるそうです。

皆さん例外なく明るくて前向き、後悔をしないそうです。

そして何か良くない結果が出た時の責任を外に求めません。天気が悪いから、景気が悪いから、嫁が悪いから…等。

自分以外の何ものかに責任をなすり付けずに、起こったことを素直に受け止められるようです。

そこで一度よく考えてみてください。例えば何か困った問題が発生したとします。

仕事で大失敗をしてしまった、友人と口論になった…

「あのとき、ああしておけばよかった…」

残念ながら、私たちはタイムマシンで過去にさかのぼって問題が起こる前のことを変更することはできません。

また、先の心配もしてしまいます。

「仕事をクビになるのでは…」

「あの人から嫌われるのでは…」

これもタイムマシンがない以上、どうにもなりません。

過去のこと、未来のことの両方は、実はどうにもならないことであることに気が付きます。

それにもかかわらず、私たちは過去と未来のことでついつい悩んでしまいます。

これから起こることは神様にしか分かりません。

計画を立ててコツコツと事を進めたり、打つべき手を打っておくことは勿論大事なことです。

しかし、結果がどうなるかは神様だけにしか分からないのです。

ポジティブシンキングでいい結果が出ることを想像するのもいいでしょうが、その場合もし違った結果になると落胆度が大きくなる可能性もあるので、どんな結果が出るかを考えないのが一番良いのです。

悪い結果が出るかもしれないと思い悩むのが一番良くありません。

それでは落ちる可能性のある飛行機には乗れなくなってしまいます。

飛行機に乗っている時に、落ちたらどうしようかとずっと考え続けているのが良いことなのでしょうか。

そうはいってもケースバイケースでつい先のことを考えてしまうのは、誰でも当然のことかもしれません。

でもそういう時、そんなことを考えている自分に気が付いたらすぐに何か別なことに考えをスイッチしてそれに集中してみるのです。

もし何か嫌なことがあった時、例えば何か嫌な思いをさせられた相手に対して不満が発生します。

そういう時は相手から謝りの気持ちを求めてしまいがちですが、本当はただ単になるべく早く忘れてしまうのが一番なのです。

相手の理解を得ることなど到底無理と最初からあきらめて、そのことに関わる時間を一刻も早くなくした方がはるかに良いのです。

合意がみられないからこそ問題が発生します。

こだわると、そのことについてついつい考えてしまい、暗い気持ちになり、貴重な時間を失い、損をするのは自分です。

川崎

タグ: , ,
カテゴリー: ドイツの暮らし, 健康, 医療と健康

娘の(へ?)理屈

うちの家内とちょっとした意見の食い違いがあり、夫婦の会話が少しヒートアップしました。

元々夫婦喧嘩が無い夫婦(*)なので、子供たちも珍しげに注目して聞いています()

その時、家内はすぐ隣のソファーで次男に野口英世の物語を読み聞かせていました。

その横で私は腰痛というか、坐骨神経痛で、風邪で熱のある長男と一緒にソファーに横たわっていました。

ところが、横から聞こえてくる野口英世のお話が面白くて、ついついそちらの方に耳が行ってしまいます。

そしてその耳がついに究極のダンボの耳のようになった頃、「ほら、ここに野口英世の手がくっ付いてしまった火傷の時の写真が載っているわよ」

「えっ、有名なあの野口英世の指がみんなくっ付いてしまった時の火傷の時の画像が存在するの?」

そしてすかさず、「どれ、どれ、見せて!」と言いました。

そこで普段はお釈迦様のように優しい家内は、長男の風邪を少しもらって調子が悪いせいか、「それって自分勝手じゃない?」

見たければ自分が来れば良い(私たちの後ろに回って肩越しに見ろ)という意味です。

そこで私は、「じゃあ、そのページの右上を折っておいて、後ですぐに見つけられるようにしておいて」と言いました。

余程腹の虫の居所が悪かったのでしょう。「大事な本にそんなことはできません!」

と言うではないですか。

「えっ?  大事な本?」

聞いてみればその本は、日本にいる家内のお兄さんが子供たちのためにと送ってくれた本の一冊だそうで、その本の中の画像に折ることによる線が入るのが嫌なようです。

画像の所を折らなくても、端っこをほんのちょっと折ってくれればいいんだけど

その後、本のカバーをそこに差し込むという代替案が出たりしましたが、そのページ数を教えてもらって自分で覚えるという方法を取りました。

目的は、そのページを後で見つけやすくするというものです。

手段は、そのページ右上を追っておく、本のカバーの表紙部分をそのページに差し込んでおく、そのページ数を覚えておく  など色々とあります。

家内曰く、勉強のための参考書などは、散々に筆を入れて見た目が汚くなるものだそうですが、この手の本はほん(⬅︎駄洒落?)のちょっとの折れ跡もダメだそうです()

ちょっとしっくりこなかったので議論をしてみると、どうやらそこには「お誕生日のプレゼント&お土産の原理」が働いているようです。

お誕生日のプレゼント&お土産の原理 = 誕生日にもらうプレゼントも、どこかに旅行した友人からもらうお土産も、どちらもそこにはあげる方の自己満足ともらう方のおセンチがあります。

あげる本人は勿論一生懸命相手のことを考えてプレゼントやお土産を選びます。

「あの人は、これなら喜ぶだろうか    これならあの人の役にたつだろうか」等。

でもよ〜く考えてみると、それはその人の主観です。

実際に相手にリクエストを聞くのならお話はまた別ですが

つまり、貰った方にとってみれば、究極に悪く言うと「ありがた迷惑」ということがないでしょうか?

ありがた迷惑が言い過ぎなら、その行為は嬉しいものの、実際にはその置き場に困るというやつです。

最も簡単な例が旅先のちょっとしたお土産。

その時の観光気分でついついお土産を買ってしまう気持ちは分かるのですが、それって間違いなく何年か後にはゴミ箱行きにならないでしょうか

* 夫婦喧嘩は無い代わりに、年に一回あるかないかでボケ亭主がしっかり奥さんにドヤされる時があります💦

川崎

タグ:
カテゴリー: ドイツ、ドイツ人について, ドイツと日本の違い, ドイツの暮らし, 子育て, 教育, 日本、日本人について
  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ