聴覚がより発達しているのは女? 男?

ドイツのテレビでKIKAという子供〜学生向けチャンネルがあります。


休暇中に子供たちと一緒にそのチャンネルのチェックポイントという番組を見る機会がありました。丁度その時にやっていた実験です。


その番組は、様々な実験を行って、子供たちに「へえ〜、そうなんだ!」と学ばせるために作られているようです。

その日の番組では、男女の聴覚の違い以外にも、車のシートベルトがどの位強いか、そして逆に弱いかの実験を行っていました。

シートベルトの強さの実験では、僅か一人分のシートベルトをクレーンに取り付けると、車一台を釣り上げられるほど強いことが分かりました。

弱さの方は、その強いシートベルトから事故の際などにどうやって脱出するかの実験ですが、ナイフで横方向に切ると簡単に切断できるだけではなく、ライターなどの火にも弱いことが分かりました。

さて、本題の聴覚のテストですが、その方法は目隠しをして色々な音を聞かせて、それが何の音かを当てるテストです。

テストの結果を想像出来るでしょうか?

私はその答えを知っていたので、実験が始まる前に子供たちにどちらかを聞きましたが、勿論分かるわけがありません。

答えを知っていたというのは正しい表現ではなく、その答えはまず間違いなく「男」であるだろうという確信がありました。

ではなぜでしょうか?

皆さんは分かりますか()

長〜い、人間の歴史を考えれば分かると思います。

今とは大きく違い、人間が他の全ての動物たちと同じように、その一生をほとんど食べ物を得るためだけに過ごしていた頃まで遡ります。

男は外に出て餌を探し、時には何日間も外をさまよっていました。女は残った家族と共にすみかで男の帰りを待ちます。

そうです。「話を聞かない男、地図を読めない女」です()

今と違って当時は外を長くさまよっていれば自然の敵も多く、常に異音に注意をしていたはずです。

また、獲物を探すにも常に耳をすませていたはずです。それが何十万年、いえ何百万年も続きました。

男の耳の方が女より優れているわけです。

勿論間違っているかも知れません。単なる一つの説でしかありません。でもそれが正しい可能性はかなり高いと思いませんか?

川崎

広告
タグ: , ,
カテゴリー: ドイツの暮らし

進化が示す、健康法則・猿のお面の実験でも分かる表情の大切さ

以前、面白いTV番組を見たことがあります。

ある猿の集団の中で端の方にいる一匹の猿に、猿の着ぐるみを着た人間が近づいて行くとどうなるかという実験でした。

最初は怒った顔の猿のお面、次には笑った顔、最後には悲しそうな顔の猿のお面をつけていました。

つまり近づかれる猿にとっては集団の猿以外の見知らぬ猿が、3種類の違った表情で順番に接近してくることになります。

中が人間なので猿にとっては元々どれも怪しいでしょうが、怒った顔のお猿さんのお面をつけて近づこうとした時は、猿がすぐに「キー、キー」と叫んで敵対的行動に出ました。

そして悲しい顔をしたお面だとほとんど無視。

笑った顔でも無視でした。表情が相手に与える印象が大変大きいことが良く分かる実験でした。

人間の場合でも全く同じことがいえます。

険しい表情で向かえば相手もどうしても身構えてしまいますし、微笑んで近づけば微笑が帰ってくる可能性が高く、仮に微笑が帰ってこない場合でも、最低、無表情は期待できます。

険しい表情で敵を作りやすくする方が良いのか、微笑んで味方を作りやすくする方が良いのか。

より多く微笑んでより多くの味方を作り、より多く笑って免疫を高めた方が楽しい人生を送れるのは間違いないようです。

大事なコミュニケーションの最中に、自分の顔がどうなっているかをその都度考えてみたいと思います。

何人もの賢者はそれを鏡の法則とか、投げたものが帰ってくるブーメランの法則とか表していますが、全くその通りです。

 

お面と言えば、「嫌な奴のお面をかぶった神様」ということを聞いたことがあるでしょうか。

世の中時々嫌な奴がいますが、よりによって運悪くそういう嫌な奴が上司だったり先輩だったり、すぐ身近で離れられない所にいることがよくあります。

そういう嫌な奴とは少しでも長く離れていたいものですが、それは「嫌な奴のお面をかぶった神様」だと考えることができます。

気に入った人、好きな人ばかりが一生周りにい続けてくれればそれにこしたことはないかもしれませんが、それだと世の中に存在するいろいろなタイプの人に対して耐性ができません。

もしそういう嫌な奴が現れないと、便利な機器で身体がなまったり、温室育ちのモヤシになってしまうように、人との付き合いがへたになってしまいます。

実際にも人付き合いができなくなってしまっている若者が今増えているようです。

そうならないように、神様が嫌な奴のお面をかぶって自分を鍛えてくれていると考えてください。

川崎

タグ: , ,
カテゴリー: ドイツの暮らし, 医療と健康

進化が示す、健康法則・もっとも大切なこと 

世の中で、人間が一人で生きていけないのは当たり前のことですが、その場合、もっとも大切なことは何でしょうか。

コミュニケーションはその1つではないでしょうか。

コミュニケーションとは、人と人がつながることです。生き物は元々、その両親がつながって出てきますが、生き物にとって「つながり」は、切っても切れないものです。

コミュニケーションとは、人間が生きていくのに絶対に欠くことのできない空気、水、 食べ物のレベルを除けば、その次くらいにくる大事なものではないでしょうか。

ロビンソン・クルーソーのお話なら別ですが、この世でひとりきりで生きている人間は普通いません。

つまり誰でも必ず誰かと会って話したり、電話や手紙、メールなどでコミュニケーションを取ります。

障害があってお話ができない人も、何かの方法で必ずコミュニケーションをしています。

人間だけではなくて動物もします。一部の学者さんの間では植物もするといわれています。

 

東大の教授で福島智さんという人がいますが、3歳で右目が、9歳で左目が見えなくなってしまいました。

そして14歳で右耳が聞こえなくなり、18歳で左耳も完全に聴力を失い、視覚と聴覚の重複障害者である全盲ろう、つまり、全くの闇の中での生活になってしまいました。

それでも努力をして、世界で初めて全盲ろう者として大学教授になりました。

しかも東大です。福島教授も、指点字という特殊な方法でコミュニケーションを取っていますが、その方法は福島教授が思いついた、今までになかった斬新なもので、全盲ろうの人たちにコミュニケーションの光を与えることになりました。

 

もうひとり凄い人をご紹介いたします。やはり先天的な目の病気である、網膜芽細胞腫によって生後13ヶ月で両目が見えなくなってしまった、ダニエル・キッシュというアメリカ人です。

イルカやコウモリのように、エコーを使って生活しています。

「舌打ち音(クリック音)」を立てながら動き回るのです。

キッシュさんは今47歳ですが、イルカやコウモリのように、エコーロケーション、つまり反響定位というものを頼りに行動しているそうです。

舌打ち音を立てると音波が放たれ、周囲にある物体に当たってかすかな反響が返ってきます。

それを耳でとらえて、脳でイメージに変換するそうです。自転車にも乗れます。

 

毎秒2回くらい舌打ち音を立てるたびに、弱いカメラのフラッシュがたかれる感じがするそうです。

それを元に半径数十メートルの三次元イメージを組み立てるそうです。

高い集中力を保ち続ける必要があるそうですが、近いものでは直径2センチの細い柱も感知でき、車や茂みなどは5メートル先、建物なら50メートル先でも分かるそうです。

足元の小さな物や段差はわかりにくいので、歩く時の白い杖は必要だそうです。

 

キッシュさんは、視覚障害者の支援団体「ワールド・アクセス・フォー・ザ・ブラインド」という組織を作り、既に世界30カ国以上で1000人近くにその方法を教えたそうです。

多くの人はすぐに成果が現れて驚き、想像もしなかった自由を手に入れているそうです。

キッシュさんによると、「人間は本来、エコーロケーションの能力を秘めているのではないでしょうか。

照明のない大昔、人類はこの力を駆使していたのかもしれません。

おそらく神経系の『ハードウェア』は元からあって、私はその起動法を見つけただけ。

視覚とは目ではなく、脳の中にあるのです」そう聞きますと、確かに、チェ(チュ)という音を口で何気なく出している赤ちゃんを見かける時がありますので、ひょっとすると、照明がまだなかった遠い昔の人間にはそういう能力も備わっていたのかもしれません。

 

コミュニケーションにとって、重要となるのは質の高さです。英語などの外国語での会話に限らず、同じ日本人同士の間での日本語のやりとりでも、世代や育った環境、家庭、教育、経験や体験、本人の好みや興味、趣味などの違いがあるので、ひとりの人間が思ったことを別の相手に伝えて、それを完璧に分かってもらうというのは至難の技です。

情報の発信者がその思いを本当に100%正しく表現できたかどうかから始まり、仮に表現・送信がパーフェクトであったとしても、今度は相手がそれを聞き間違い、読み間違いなどなくパーフェクトに受信してくれたかどうか分かりません。

もし仮に送受信が理屈上パーフェクトでも、送信者と受信者では考え方が違います。

つまり送信者が思った通りに受信者に理解してもらえるかどうかは分かりません。

理解の仕方が十人十色です。それゆえに、言った、言わない、聞いた、聞いていない、の誤解などのトラブルは世の常です。

 

ちなみにドイツでは誤解が発生した時によく、「あなたは私を間違って理解した」と発信者が言いますが、どうして自動的に受信者のせいになってしまうのでしょうか。

間違った発信、説明だったかもしれません。でも決して「私は間違って説明したかもしれないよ」とは言いません。さすが自己主張の国です。

 

川崎

タグ: , ,
カテゴリー: ドイツの暮らし, 健康, 医療と健康

アリババという、中国のメジャーサイトの創業者、ジャック・マーさんをご存知でしょうか?

副題が、「ジャック・マー、アマゾンを超える男」となっています。

「えっ、アリババって、そこまで大きくなっているの?」とびっくりしました。

彼が日本の孫さんと手を組んでいることや、今は経営の第一線から退いて、公害のひどい自国、中国を何とか良くする活動を始めたというニュースは数年前に見ました。

早速両社をウィキペディアで比べてみると、アマゾンの売り上げが5〜6兆円。

そしてアリババは?

えっ? 52兆円??

あまり良く分かりません…

アリババのウィキペディアの方には少なくともこう書いてあります。

「2016年、3月期の決算で、傘下のサイトで売り買いされた流通総額は前年比27%増の4850億米ドル (約51.9兆円)だった。米ウォルマート、米コストコ、仏カルフールを上回り、初めて世界最大の小売企業・流通企業となった…」

そのアリババ、あるいはジャック・マーさんのアリババ構想、最初は誰も相手にしてくれなかったそうです。

それでも何とか500万円の投資で始まり、最初の3年間は売り上げなし。

顧客(?)からの感謝レターや、励ましだけが背中を押し続けてくれたそうです。

他のビッグ企業の創業者なども引き合いに出し、とても分かりやすい英語で(和訳付き)、ハキハキと説得力のある喋り方をしていますので、是非一度ご覧下さい。

川崎

タグ: ,
カテゴリー: お金のヒント, ビジネス

気化熱で、暑い夏を少し涼しく過ごす

今年のように暑い夏の日々を少し涼しく過ごす方法があります。

少しというのは実は少し控えめな表現で、結構冷えるので、私は暑い日々は毎日のように利用しています(笑)。

でもどういうわけか、やっている人を滅多に見ません。

方法と理屈はいたって簡単。

小学校か中学校で習った気化熱を利用する方法です。

着ているポロシャツやT シャツを濡らすだけです。

濡れた服が乾くのに熱を奪うので、服の周りは冷えます。

この方法だと、まずは服の湿り気で身体はヒンヤリして、湿りっ気が乾くまで身体は少し冷やされます。

服に水をかけても良し、完全に湿らせるのも良し。

あまりビチョビチョなのは気持ち良くないので、オススメは湿らせた服をキツく絞って着る方法です。

乾いたら繰り返します。

夜寝る時にも使えます。

前髪と、肩、胸、脇の辺りを湿らすと、結構涼しくなります。

是非一度お試し下さい。

川崎

タグ: ,
カテゴリー: ドイツの暮らし, 時事

進化が示す、健康法則・人間の脳の不思議

是非一度、次の動画をご覧下さい。

(https://www.youtube.com/watch?v=vujELzwcdpQ)

脳だけに限らず、肝臓は3分の2を切り取っても再生するなど、人間の身体は実に不思議なものです。

この脳のお話は、偶然に発見されたものです。

2人の子供を持ち、役所に勤める40歳代の普通のフランス人の頭部、脳みその部分をたまたまCTスキャンで撮影した時に、脳みその存在がほとんど認められないことが分かりました。

動画中央を見ていただければ分かりますが(動画の1分:06秒~1分27秒)、その道の専門家でなくても異常なことが分かります。

臨床医学的には異常がないそうですが、脳科学的には考える時にいったいどの脳みそを使うのかと思われるほど脳みそが半分以下しか見えません。

別な例では、50歳前後のトラックの運転手で、頭蓋骨の中の異常がCTスキャンで偶然に見つかりました。この画像(右側)を普通の放射線科か神経科の医者に見せれば、良くて深いこん睡状態か、あるいは死亡した人間の脳と判断されるそうです。

もうひとつの例は、最も新しくて世界的に有名な医学雑誌に2001年に発表された、3歳の時に左脳を摘出された少女の脳(画像左側)なのですが、特殊な炎症があったので、左側の脳を全て摘出するしか命を救う方法が他になかったそうです。

ご存知の通り、左脳は言語を司りますが、7歳の時に調べられたこの少女は、車椅子の生活などをしているのではなく、ほぼ正常に生活し、オランダ語とトルコ語のバイリンガルになっています。

似たような例は日本人でもあります。

月刊誌「致知」の2015年10月号の記事からですが、アメリカに住むご家族で、10分おきに癲癇の発作が起きる脳炎を患った幼女が、左右の脳の回線を切って、脳炎がある右の大脳を切除する手術を日本で受けました。

当然のごとく、手術後に左半身の機能が麻痺しました。

でもリハビリを頑張った結果、5年後には左脳が発達して、右脳の機能を上手くカバーするようになり、歩いたり走ったりできるようになったそうです。

「この子は本当に難病だったのだろうか?」と思わせるほどだそうですが、それだけではなくて、日本語と英語の立派なバイリンガルになっているそうです

あのアインシュタインでさえ、脳みそのわずか数パーセントしか使っていなかったと言われますが、これらの事実を見ると、人間は脳の本当にほんの僅かな一部しか使っていないことがとても良く分かります。

つまり逆を言えば、脳をもっと使えるのではないでしょうか。私たち人間はとてつもない潜在能力を秘めていると言えそうです。

横になっているだけの基礎代謝で60%も消費する人間のエネルギーですが、成人の約20%は脳みそが使っているそうです。

例えば脳みその重さが約1.5kg、体重が70kgの成人の場合、脳みそが体重のわずか2%ほどしかないことを意味しますが、その僅か2%が、20%のエネルギーを使うのです。

それは子供になると極端に多く、約50%にまでなります。

生まれてから大きくなるまで、ずっと学習を続けているからだそうですが、身体を動かして元気に動き回っている子供たちは、実はそのエネルギーの約半分までは脳みそが消費しているのです。

人間の脳みその中にある、神経回路のつなぎ目であるシナプスは、100兆個以上もあるそうです。

そしてそれらは良い刺激で成長が促進され、経験や刺激を積んでいくことで太くなり、より短時間で考えられるようになります。

つまり、使えば使うほど頭は良くなるのです。0歳から3歳までの間に、シナプスの結合が活発で爆発的に増え続け、大脳の基本的な発達は成人の約8割まで出来上がります。

その後の増え方は緩やかになり、6歳で9割ほどが完成するそうです。

つまり、その時期の教育がとても大切であることを表しています。

子供が文法を覚えるのは、実は生後7ヶ月の頃からだそうです。「えっ、しゃべれるようになる前から?」と思いますが、実験の結果、それが分かったそうです。

文章を変化させて生後7ヶ月の赤ちゃんに聞かせ、その興味の度合いからそれが分かるそうです。

子供は爆発的に学習しているので、既に習った形の文章は退屈となりますが、それが新しい形になると、とたんに再び興味を示し始めるそうです。

ちなみに目の前で飲み物の容器を移し変える動作を、チンパンジーの赤ちゃんと人間の赤ちゃんの目の前で行って目の動きを調べると、チンパンジーは動くものだけ見ているのに対して、人間の赤ちゃんはその動作を行っている人の顔も見ているそうです。

両手が不自由、あるいは両手そのものが無くても、足で洋服を着替えるなど、普段の生活を足でしてしまう人たちや、足で手のように綺麗な絵や文字を書く人たちに驚かせられることがあります。

私たちは誰でも、神様からそういう潜在能力を与えられているのです。

とはいえ、それはそういう人たちが決して諦めずに頑張った成果なので、誰でも簡単にできるわけではありません。

「できない」と諦めて、人や機械に頼るのもひとつの方法ですが、諦めずに頑張って自分でできるようになるのもひとつの方法です。

そしてその方が自分の能力が高まり、達成感と自信も得られ、さらに難しいことにチャレンジする勇気も得られるのです。

そういう意味では、人生の中で現れる災難、トラブルや問題は、現れれば現れるほど良い訳です。

何しろ脳のシナプスは、経験や刺激を積んでいくことで太くなり、より短時間で考えられるようになり、使えば使うほど頭は良くなるからです。

だから災難、トラブルや問題が現れた時は、嫌がって避けようとするのではなく、逆に諸手を上げて快く迎え入れた方が良いのです。

そうすれば、温室育ちのモヤシにならずに済みます。

日本人の向上心の高さ、丁寧さ、巧みさや協調性などは、太古の昔から天災によって鍛え上げられてきたことが無関係ではないと思います。

長年虐げられ続けているユダヤ人や、暗くて寒い気候の中で育つドイツ人の優秀さも同じ理由が考えられると思います。

生き物は、頼り甘えれば弱くなり、鍛えれば強くなるのです。

後で詳しく出てきますが、もしすぐ近くに嫌な奴がいたら、嫌な奴のお面をかぶった神様だと思って過ごせば自分の人間の幅を広げることができるので、決して避けてはいけません。

川崎

タグ: , ,
カテゴリー: ドイツの暮らし, 健康, 医療と健康

ある有名な在日(現在は在独?)韓国人活動家からの手紙 − その2

虎ノ門ニュースで時々紹介される有名な在日(現在は在独?)韓国人女性活動家がいます。

先日その人から手紙が届きましたた。

差出人としては、ある弁護士様方となっていました。

様方とは、c/o のことです。

そのことは既にここのブログで書いたので省きますが、今度は彼女の弁護士からメールが届きました。

そのブログで彼女の名前は特に明記していなかったのですが、ベルリンに住むと言われる反日活動、慰安婦像設置活動で有名な人が、そのコメントにてご丁寧に彼女の名前を出して下さいました。

今度の連絡通知は c/o 弁護士で本人からでのものではなく、弁護士からなので、こちらも弁護士を通して答えることになります。

とはいえ、今は自宅にいないので、手紙が届いているのかどうか分かりません。

訴訟問題ではメールは証拠になりません。というか無効です。

届いているのは弁護士からの添付が開かないメールです。

よってこの続きは休暇が終わるまでお預けです。

自宅には郵送の手紙が届いているのかもしれません。

いえ、弁護士からの手紙は普通書留なので、不在の場合は戻ってしまっているかも…

ちなみに知人の駐在さんの1人から、「メアブッシュでその人に似た人を2度も見たのですが、他人の空似でしょうか?」と聞かれました。

「いえ、本物ですよ。ある所に毎日のように顔を出しているそうですから…」

とお答えしておきました。

川崎

タグ: ,
カテゴリー: ドイツと日本の違い, ドイツの暮らし, 日本、日本人について, 住まいと暮らし
  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ